営業ナシでWeb制作案件が舞い込んでくる”新世代”戦略 ▶︎

【終了】Zoomの無料プラン『時間無制限』で使う方法(コロナ期間)

※このキャンペーンは終了しました。

本記事では期間限定でZoom無料(ベーシック)プランが時間無制限で使える説を検証し、Zoomの使い方をわかりやすく解説していきます。時間無制限についてはもちろん、Zoomミーティングで必要なものや参加方法なども説明しているにで参考にしてみてください。

 

こんなお悩みを全て解決していきます。

ふたご

Zoomの無料(ベーシック)プランって時間無制限なの?
いつまで時間無制限で使えるの?
期間限定なのかな?
Zoomってどうやって使うの?
Zoomミーティングで必要なものって何かあるの?

 

 

オンライン会議の議事録はどのように対応していますか?

  • A. 議事録専用の社員を用意してる
  • B. 自分で議事録を取ってる
  • C. 議事録なんて手間だから取ってない

 

このどれかかなと思います。

どちらにしても会議しながら文字を起こし続けるってかなり手間ですよね。

 

それこそ人がやるには非生産的すぎる作業です。

 

筆者自身も会社員の時は会議の度に議事録を取っていましたが、会話しながら文字を起こすのって想像以上に大変なんですよね。

 

後で見返して『うわ、あの時話してた○○の部分抜けてる。なんだっけ…』みたいな事故も起こります。(上司に詰められることもしばしば…)

 

議事録の目的は『後で見返した時に内容を全て把握できること』なので漏れがあってはいけません。

 

1対1の商談とかなら抜け漏れなんて防ぎようがないでしょ。

 

やっぱり議事録要員を入れるしかないでしょ。

 

いや、どうせ意味ないなら人件費の無駄だから議事録なんて取らなくていいでしょ。

 

こんなお声も御もっともです。

 

でももし

 

  • 議事録要員の必要なし
  • 議事録の抜け漏れなし

 

こんな議事録サービスがあったらどうでしょうか?

 

それが【AI GIJIROKU】!!

 

 

AI GIJIROKUとはこんなサービス

  1. 無料トライアルでのお試し利用が可能
  2. 自動文字起こし機能付き
  3. 人件費より遥かに安い利用料*
  4. Zoomとの連携可能
  5. 35ヶ国語翻訳機能で国際会議も可能

*1. 人件費(1人につき):時給2,000円 × 20(月に会議10回+議事録の手直し×10回分)=40,000円と算出。

 

 

今なら無料トライアルができるので『一旦、個人的に試してみて後で上司に相談してみる』こともできてしまいます。

 

この動画のようにリアルタイムで文字を起こしてくれます。

 

※再生ボタンを押すと音声が流れます。

 

まずはプランを確認したい方は【AI GIJIROKU】からご確認ください。

 

自動議事録作成サービス【AI GIJIROKU】

 

最後になりますが、下記のような大手企業も利用しています。

 

  • RGG
  • 山形パナソニック株式会社
  • 日経統合システム
  • Applied Group
  • Fisco
  • NTT Data

 

まずは無料トライアルで使ってみてください。

 

筆者自身も使っていますが、正直『ここまで楽なのか..!』と初めはかなり驚きました。

法人はもちろんですが、筆者自身がフリーランスなのでフリーランスの方にも営業の際に是非一度試していただきたいです。

 

ちょっと使ってみてもいいかな。

 

これくらいのモチベーションで試してみてください!議事録で『ここまで変わるのか!』と実感してみてください。

 

無料トライアル【AI GIJIROKU】

 

Zoomで必要なものはもう用意できていますか?

下の記事では商談や打ち合わせなどでZoomを使う人に向けて、

【絶対に失敗しない】ために『必要なもの』のみを紹介しているので事前にご覧ください!
> 【絶対失敗しない】Zoomで最低限『必要なもの』5選

Zoomとは

ZoomとはWeb会議サービスを運営する「Zoomビデオコミュニケーションズ」のWeb会議ツールの名称です。

Zoomを使えばビジネスシーンでのミーティングやセミナー、社内研修はもちろん、プライベートでのビデオチャットや飲み会も簡単に開催できます。

そんなZoomですが特にビジネスシーンに特化したWeb会議ツールであることが特徴で、ファイルやテキスト共有、議事録の役割をはたすレコーディング機能など様々な機能を備えています。

日本はもちろん世界的にも在宅勤務が増えているためZoomを利用する場面はこれからも増え続けていくと予想されます。

Zoom無料(ベーシック)プランはいつまで時間無制限で使えるの?

Zoomにはプランが4つあり、その中でも無料で使えるベーシックプランという料金プランがあります。

本来であれば無料プランは「通話時間が40分まで」という時間制限があります。

しかし、Zoomはコロナ禍の期間のみのキャンペーンとして、無料(ベーシック)プランのユーザーに対して時間無制限のミーティングサービスを提供しています。

筆者も無料プランで別アカウントを作成してZoomミーティングをしてみましたが、1時間半近く続けてもミーティングを強制終了されることはなかったです。

Zoomの公式アプリ内でも下記のように公言しています。

世界中に広がっている新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの間、Zoomはベーシック(無料)ユーザーに対して無制限の時間のミーティングサービスを一時的に提供しています。

無料プランでのミーティング時間無制限がいつまで続くのかは現在不明です。

新型コロナウイルスに影響した期間限定サービスであることは間違いないので今だけのチャンスですね!

時間無制限なのは今だけの限定キャンペーンなのでこの機会に試しにZoomを使ってみましょう!

Zoomミーティングの参加で必要なもの

ZoomミーティングはPCやスマホなどのデバイスを通して会議をするため通常のミーティングでは必要ないものが必要となります。

 

Zoomミーティングで必要なもの

・デバイス(PC、スマホ、タブレットなど)

・安定したインターネット環境

・ミーティング用のURL、ID(開催側がパスコードを設定している場合にはパスコードも必要)

 

最低限ではありますが上の3つが揃えばZoomミーティングに参加できます。

しかしWeb会議は対面での会議とは違いどうしても「聞き取りづらさ」がネックとなるためそれを解消する必要があります。

 

ビジネスミーティングでの必須アイテム

・イヤホン

・マイク

・カメラ(PCにカメラ機能がない場合)

 

上の3つは必ずしも必要という訳ではありませんが、Web会議をスムーズに進行させるためのビジネスマナーとして持っておくことが望ましいと思います。

【PC/スマホ対応】Zoomミーティングの作り方・開催方法

それではZoomミーティングの作り方・開催方法を説明していきます。

Zoomミーティングを作る方法はPC・スマホ・タブレットのいずれでも可能で、アプリ・ブラウザのどちらからでも問題なく開催できます。

混乱しないように画像を使いながら説明していきますので安心して読み進めていきましょう!

今回の記事ではZoomミーティングの作り方をメインでご紹介しますので、詳しい招待方法については下の記事をご覧ください。
>> 【完全マニュアル】Zoomミーティングに招待する方法・仕方(PC/スマホ)

招待する方にZoomミーティングの参加方法をお伝えしたい場合には下の記事をお送りください。
>> 【永久保存版】3分でわかるZoomミーティング参加の仕方・方法

 

【PCブラウザ】をご利用の場合

・「ミーティングをスケジュールする」をクリック

・必要項目を入力

必要項目

トピック:開催するミーティング名

説明:特に入力する必要はありません。

開催日時:開催予定の日時を入力

所要時間:大まかな所要時間を選択してください。時間を超過したとしてもミーティングは継続されるのでご安心ください。
※ベーシック(無料)プランの場合には40分でミーティングが終了します。

タイムゾーン:デフォルトで選択されているタイムゾーン以外を選択したい場合には選択し直してください。

定期ミーティング:定期ミーティングにチェックを入れると開催頻度を設定できるオプションが表示されます。

ミーティングID:ランダムなミーティングIDで開催を希望する場合には「自動的に生成」を選択してください。

セキュリティ:パスワードを入力できます。(パスワード抜きでのミーティングも可能です)

待機室:参加者を一時的に待機室に待機させ、参加者がいつミーティングに参加するかを制御できるオプションです。

ビデオ:ミーティング開始時のビデオの「オン/オフ」を設定する項目です。ミーティング中に「オン/オフ」の切り替えは可能です。

ミーティングオプション:オプションなので必要であればチェックを入れてください。通常の2~10人程度のミーティングでは必要ないオプションなので飛ばしてしまって問題ありません。

・「保存」をクリック

・「招待状のコピー」をクリック

・「ミーティングの招待状をコピー」をクリック

・コピー完了

 

【PCアプリ】をご利用の場合

・「スケジュール」をクリック

・必要項目を入力して「保存」をクリック

必要項目

トピック:開催するミーティング名

日時:開催予定の日時を入力
※ベーシック(無料)プランの場合には40分でミーティングが終了します。

タイムゾーン:デフォルトで選択されているタイムゾーン以外を選択したい場合には選択し直してください。

定期ミーティング:定期ミーティングにチェックを入れると開催頻度を設定できるオプションが表示されます。

ミーティングID:ランダムなミーティングIDで開催を希望する場合には「自動的に生成」を選択してください。

セキュリティ:パスワードを入力できます。(パスワード抜きでのミーティングも可能です)

待機室:参加者を一時的に待機室に待機させ、参加者がいつミーティングに参加するかを制御できるオプションです。

ビデオ:ミーティング開始時のビデオの「オン/オフ」を設定する項目です。ミーティング中に「オン/オフ」の切り替えは可能です。

カレンダー:カレンダーサービスを選択してください。選択したサービスにて参加者に招待状を送信できます。

詳細オプション:オプションなので必要であればチェックを入れてください。通常の2~10人程度のミーティングでは必要ないオプションなので飛ばしてしまって問題ありません。

・「招待のコピー」をクリック

 

【スマホアプリ】をご利用の場合

・「スケジュール」をタップ

・必要項目を入力して「保存」をタップ

必要項目

トピック:開催するミーティング名

ミーティング開始:開催予定の日時を入力

ミーティング時間:大まかな所要時間を選択してください。時間を超過したとしてもミーティングは継続されるのでご安心ください。
※ベーシック(無料)プランの場合には40分でミーティングが終了します。

タイムゾーン:デフォルトで選択されているタイムゾーン以外を選択したい場合には選択し直してください。

繰り返し:定期ミーティングとして開催したい場合にはチェックを入れてください。

個人ミーティングIDを使用:ランダムなミーティングIDで開催を希望する場合にはチェックしないで大丈夫です。

ミーティングパスコードが必要:パスワードが必要な場合にはチェックを入れてパスワードを入力できます。

待機室を有効化:参加者を一時的に待機室に待機させ、参加者がいつミーティングに参加するかを制御できるオプションです。

ビデオ:ミーティング開始時のビデオの「オン/オフ」を設定する項目です。ミーティング中に「オン/オフ」の切り替えは可能です。

詳細オプション:オプションなので必要であればチェックを入れてください。通常の2~10人程度のミーティングでは必要ないオプションなので飛ばしてしまって問題ありません。

・下部タブの「ミーティング」をタップして「招待の送信」をタップ

・招待方法を選択

タブレットでも全く同じ操作となります。

まとめ

Zoomの無料プランが時間無制限で使えるのはおそらく2021年前半まででしょう。

今だけの特別対応なので無料で試せる今のうちに使ってみることをおすすめします。

ちなみに本記事ではZoomミーティングの作り方・開催方法も解説しましたが、

招待方法については下の記事をご覧ください。
>> 【完全マニュアル】Zoomミーティングに招待する方法・仕方(PC/スマホ)

招待する方にZoomミーティングの参加方法をお伝えしたい場合には下の記事をお送りください。
>> 【永久保存版】3分でわかるZoomミーティング参加の仕方・方法

これからはビジネスシーンだけでなくプライベートでもZoomを使う場面が多くなってくると思います。

Zoomはプライベートの飲み会などでも使えるので是非この自粛期間を有意義にお過ごしください!

最後に、クライアントとのミーティング中に『突然、画面が停止したり、音声が途切れ途切れになり聞き取れない』という大事故を防ぐためにもネット環境は万全にしておく必要があります。

 

Zoomでの不具合は自分だけでなく相手方にも多大な迷惑がかかるので、最低限のビジネスマナーとして可能な限りリスクを減らしたいところです。

 

来週のミーティングまでにネット環境をなんとかしないとやばいかも。

 

大丈夫です。今日検討すれば来週のミーティングまでにギリギリ間に合うので下の記事からネット回線を比較してみましょう。
>> 【完全保存版】Zoomに最適な『ネット環境』の選び方(無線・固定回線)