【営業不要】Web制作で月30万を安定的に稼ぐ近道 >>

【BootstrapVue/CSS】グラデーション背景画像一覧エフェクト|レスポンシブ

今回は【BootstrapVue/CSS】グラデーション背景+filterで美しい画像一覧エフェクト(レスポンシブ)の作成方法をご紹介いたします。

エフェクトがついてます。簡単です。動きます。オシャレな画像一覧を作れます。

htmlとcssだけしか使っていません。

 

この記事の信頼性(ゆうけんブログの筆者はこんな人)

  • 現役Webデザイナーが執筆
  • 最高月収7桁超のフリーランス
  • 完全未経験から独学でWeb制作スキルを習得
  • Twitterフォロワー数2,000人超(→@twinzvlog_yk
  • Web制作のメンター経験多数
  • 認定ランサー(ランサーズ最高ランク)

 

コードの説明や実際の動きも詳しくまとめてみたので自由にお使いください。

こちらのエフェクトのコードはすべて完全オリジナルなのでコピペ大歓迎です。

 

1.  background:linear gradientでグラデーション

まずはBootstrapVueの導入方法から説明していきます。
すでにインストール済みの方はアニメーション動作の確認からご覧ください

BootstrapVueの導入

BootstrapVueの導入がまだの方のために導入方法を説明します

とりあえず下記をコピペして環境を整えてください

main.js

import BootstrapVue from 'bootstrap-vue'
import 'bootstrap/dist/css/bootstrap.css'
import 'bootstrap-vue/dist/bootstrap-vue.css'

Vue.use(BootstrapVue)

ターミナル

npm install vue bootstrap-vue bootstrap

以上でBootstrapVueの導入は完了です

 

エフェクトの確認

エフェクトは下の画像のような感じになります

 

コードの確認

  <div class="do-animation pic-background">
    <!-- 画像を複数用意 -->
    <div class="pic">
      <b-img src="https://source.unsplash.com/1000x800" fluid alt="Fluid image"></b-img>
    </div>
    <div class="pic">
      <b-img src="https://source.unsplash.com/1000x801" fluid alt="Fluid image"></b-img>
    </div>
    <div class="pic">
      <b-img src="https://source.unsplash.com/1000x802" fluid alt="Fluid image"></b-img>
    </div>
    <div class="pic">
      <b-img src="https://source.unsplash.com/1000x803" fluid alt="Fluid image"></b-img>
    </div>
    <div class="pic">
      <b-img src="https://source.unsplash.com/1000x804" fluid alt="Fluid image"></b-img>
    </div>
    <div class="pic">
      <b-img src="https://source.unsplash.com/1000x805" fluid alt="Fluid image"></b-img>
    </div>
  </div>
/* 画像一覧をど真ん中に指定 */
.pic-background{
  align-items:center;
  justify-content:center;
  margin-left: 55px;
  margin-top: 10px;
  width:100%;
}
.pic img {
  width:100%;
  height: 100%;
  /* フェルタープロパティーで明るさ・コントラスト・彩度を調整 */
  filter: brightness(120%) contrast(105%) saturate(120%);
}
/* 各画像のレスポンシブサイズ・配置を指定 */
.pic{
  /* 画像の枠線のサイズを指定 */
  padding: 1px;
  float: left;
  margin:0%;
  /* %表記でレスポンシブ対応 */
  width:30%;
  height:30%;
  background: linear-gradient(41deg, purple 25%, orange 50%, rgba(255, 107, 0, 0.48)) fixed;
}
ここがポイント!
  1.  画像を複数用意し中央に配置する
  2.  各々のwidth, heightを%表記としレスポンシブ対応
  3. background : linear-gradientで画像背景にグラデーションを指定
  4.  filter : brightness(明るさ) contrast(コントラスト) saturate(彩度)を調整して美しいエフェクトを実現

 

『絶対にリモートワーク!』という方におすすめの求人サイトをご紹介!

クラウドテック
Web制作案件の数
(5.0)
案件の単価
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
案件獲得効率
(5.0)
初心者向け
(5.0)
オススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
この講座のポイント

対象
Webデザイナー・エンジニア・グラフィックデザイナー・PM・マーケター・ライター

 

公式サイト
クラウドテック公式ページ

特徴

  • クラウドソーシング企業大手のクラウドワークスが運営する求人サイト
  • 実務未経験者でもOK
  • 登録社数14万社
  • フリーランス・個人事業主向け案件がケタ違いに多い
  • 報酬額や勤務地・職種など希望が通りやすい
  • Web制作・コーディングの高単価案件が多い
  • リモートワーク案件数は業界トップクラス
  • 最短3日で案件を獲得できる

 

現役Webデザイナーの筆者イチオシの求人サイト!フリーランス向けWeb制作案件なら確実に業界トップクラス。営業かけずに案件に困らなくなる一番の近道です。

ふたご

 

無料で登録してみる >>

 

 

まとめ

HTMLとCSSを使うと今回紹介したようなことも簡単にできてしまうんです。

 

『CSSアニメーションやエフェクトだけではなくWebサイトをゼロから作って稼いでいきたい』

『3ヶ月くらいで最低でも月10万円は稼ぎたい』

『営業とかやったことないけどWeb制作だけで稼いでいきたい』

 

こんな方のためにWeb制作で月80万超稼ぐ筆者が自身の経験を踏まえて【失敗しない】Webデザイナー(Web制作)独学ロードマップを執筆しました。

 

少額の投資で3ヶ月後には月10〜30万稼げるよう設計してあります。
(学習教材やAdobeなど最低限のコストはかかります)

 

ロードマップの構成
  1. Web制作に特化した『確実に身に付く』学習方法
  2. Web制作会社が喰いつく理想的なポートフォリオの作成手順
  3. 返信率10%以上!Web制作会社へのメール営業

 

有料公開も考えましたが「Webデザイナー(Web制作)はまだまだ稼げることを証明したい!」という思いが強く、期間限定で無料公開をすることにしました。

 

2021年半ばまでは無料公開する予定ではありますが前倒しすることもあり得ますのでご興味ある方はお早めにどうぞ!