【通常1万円→無料公開】
プログラミング学習3ヶ月ロードマップ >>

【無料公開】プログラミング習得の3ヶ月完全マップ|Webエンジニア監修

【本記事を読むことによる目標到達点】

 

  • Webエンジニアとして現場で働けるスキルが身に付く
  • Webエンジニア転職またはプログラミング(Web制作)案件を受注して月収30万円以上の継続的な収入が手に入る

当メディアのプログラミング独学ロードマップは、どの有料商材よりも、どの書籍よりもわかりやすく再現性の高い内容を目指して作成し、2022年現在も改善を繰り返しております。

 

もちろん無料で全てを公開しています。

 

この記事の信頼性(筆者について)

  • 現役Webエンジニアが執筆
  • 最高月収100万円超
  • 完全未経験から独学でプログラミングスキルを習得
  • Twitter累計フォロワー数 5,000人超(→@twinzvlog_yk
  • メンター経験多数

 

 この記事の内容

 

全てを無料で公開していますが、はっきり言ってnoteなどで売られている1万円ほどのプログラミングロードマップ記事よりも再現性の高さには自信があります。

 

プログラミング学習を始める前の確認事項

早速学習をスタートしたい方が多いかもしれませんが、まずは下の2点だけには目を通しておくようにしましょう。

  1. 未経験からでもWebエンジニアになれるのか
  2. Webエンジニアにはどんなスキルが必要なのか

この2点についてサラッと説明していきます。

 

未経験からでもWebエンジニアになれるの?

結論を先にいうと、未経験からでもWebエンジニアになれます。全く問題なしです。

 

ちなみに、厚生労働省の公式ページによると

入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされないが、専門学校や大学でコンピューター関係を学んできた者が多い。

出典:厚生労働省>職業情報提供サイト>システムエンジニア

ということなので、『なんの学習もせずに、完全素人として』Webエンジニアを名乗ることは難しいようですね。(まあ当たり前ですね…)

 

とはいえ、Webエンジニアとして現場で働く人の27.4%入職の前の実務経験は「特に必要ない」と答えていることも事実。

 

つまり、未経験からでも、スキルさえ習得できればWebエンジニアになれるということですね。

余談ですが、ぼくも未経験からWebエンジニアになり、フリーランスとして活動しています。

 

MEMO

プログラミングスキルの習得方法については、後述しているのでご心配なく◎

 

Webエンジニアにはどんなスキルが必要なの?

Webエンジニアに必要なスキルは大きく分けて以下の2つ。

  1. アプリ開発向け言語のプログラミングスキル
  2. Web制作向け言語のプログラミングスキル

基本的にはこのどちらかを習得することになります。

 

カンタンにいうと、

  • アプリ開発エンジニア=Webサービス・Webアプリの仕組みを作る仕事
  • フロントエンドエンジニア=Webサービス・Webアプリの見た目を作る仕事(Web制作も含む)

まずはこのくらいザックリとした認識で問題ないです。

 

それぞれに必要なスキルは以下をご覧ください。

アプリ開発エンジニア

 

Java / JavaScript / PHP / Python / Rubyといった言語の他、Spring Boot / Django / Laravel / Ruby on Rails / Node.jsといったフレームワークの開発スキルが必要となります。(まずはどれか1つ習得すればOK)

フロントエンド(Web制作)エンジニア

 

HTML / CSS / JavaScript / jQuery / PHPといった言語の他、WordPress / React.js / Angular / Vue.jsといったフレームワークの開発スキルが必要となります。(まずはどれか1つ習得すればOK)

 

※Web制作の場合はHTML / CSS / JavaScript / jQuery / PHP / WordPress / Webデザイン / Photoshop / Adobe XD / 案件獲得方法などが必要

 

それではお待ちかねの「プログラミングの学習方法」について、次の章から解説していきます◎

 

【STEP1】Webエンジニアの仕事を実際に確認してみよう

まず、目標を明確に設定するために自分がどんな仕事をこなしていくのかを確認してみましょう。

「いや、そんなステップ必要ないでしょ〜」と思うかもしれません。

しかし、残念ながら「目標設定ができていない」という理由により初心者の9割が挫折しています。

 

つまり、実際の仕事を把握して、目標を明確にすることがWebエンジニアへの第一歩ということです。

 

例えば、前もって実際の求人を確認しておくことで

  1. 優先的に学習すべきスキル(大事!
  2. 案件受注や転職活動において、評価される技術力
  3. 実際の案件金額や給与の相場

こういったことが見えてきます。

 

逆にいうと、こういった目標設定が曖昧なまま学習をスタートすると、なにをやっていいのかわからず、数ヶ月単位で余計な時間を浪費してしまうこともあります。

 

もっというと、高額なスクールやコンサルに騙されて、数十万円をドブに捨ててしまうことも普通にあり得ます。

 

というわけで、まずは「自分が将来どんな仕事をするのか」確認してみましょう!

 

▼ぼくが実際に使っていた「Webエンジニア求人・案件が多いサービス」は下の記事にまとめてあります。

【未経験OK】エンジニア・デザイナー向け「無料」求人サイト3選

 

プログラミング未経験者向けに「無料」の求人サイトやエージェントを『転職向け』『副業向け』『フリーランス向け』の用途ごとにひとつずつご紹介しています。

 

MEMO

余談ですが、記事中で紹介している「クラウドテック」という求人サイトは未経験求人も多く掲載されており、学習中の方でも挑戦してみる価値ありです◎

無料登録後に全ての求人を確認できます(登録は60秒で完了)

 

【STEP2】HTML / CSSを無料で学習しよう

まずはDig Skillというオンラインプログラミングスクールの30日間の無料体験でHTML / CSSの学習をスタートしてみましょう。

 

え、ちょっと待って。Dig Skillってそもそもなに?

そう思う方が多数いると思いますので、カンタンに「Dig Skill」の説明をしていきます。

 

Dig Skillとは?

  1. 月額制のオンラインプログラミングスクール
  2. 30日間の無料体験あり(60,000円相当)
  3. 無料体験終了後も月額1,000円で教材を利用できる
  4. 知識・経験は一切なくてもOK
  5. 無料体験中は2回まで質問可能
  6. 現役エンジニアとのマンツーマンオンライン授業(1回)

つまりは、月額制で完全オンラインのプログラミングスクールという認識で大丈夫です。

 

なにより、これだけのサービスを「30日間の無料体験」で使い倒せるのは驚きです。

しかも、翌月以降はすぐに退会可能。

 

Dig Skillの無料体験で学べるスキル

Java / SpringBoot / HTML / CSS / Docker / Gradle / Git / PostgreSQL / Tomcat / eclipse など

アプリ開発エンジニアを目指す方はもちろん、フロントエンド・Web制作志望の方もHTML / CSSを無料で学習できるので、嬉しいサービスですね。

 

はっきりいって、プログラミングスクールで「30日間の無料体験」を実施している企業は他には見たことがありません。

つまり、近いうちに無料体験自体がなくなってしまうかもしれないので、今すぐに申し込みだけでもしておくことを強くおすすめします◎

 

▼公式サイト

>> Dig Skill

 

ちなみに、30日間の無料体験を終了後は、「月額1,000円のライトプラン」または「スタンダードプラン」に契約できます。(無料体験を終了後に、すぐ退会してもOK)

個人的には月額1,000円のライトプランに契約してみることをおすすめします。

 

もし、無料体験のサービスをそのまま継続したい場合は「スタンダードプラン」を選ぶことになりますが、通常料金66,000円(税込)と少し高めです。(2022年1月現在は月額22,000円のセール中)

 

ライトプランなら、オリジナルカリキュラムの利用のみに制限されますが、月額1,000円で受講可能。

 

とはいえ、どちらを選ぶかは「30日間の無料体験」終了時に決めてみればいいかなと思います◎

 

それではSTEP3から、月額3,278円でプログラミング・Web制作スキルを学び放題のオンライン学習サービス「サムライエンジニアプラス」をご紹介していきます。

 

【STEP3】足りないスキルは、サムライエンジニアプラスで追加学習

足りないスキルは「サムライエンジニアプラス」という月額制のオンライン学習サービスを使って学習していきましょう◎(Web制作スキルを習得したい方は登録必須

 

え、ちょっと待って。サムライエンジニアプラスってそもそもなに?

そう思う方もいると思いますので、カンタンに「サムライエンジニアプラス」の説明をしていきます。

 

サムライエンジニアプラスとは?

  1. サブスク型(月額制)プログラミング学習サービス
  2. 月額料金3,278円(税込)+入会金0円+退会金0円
  3. 通常10,780円(税込)相当のレッスンチケットが毎月無料でもらえる
  4. 30種類以上の教材
  5. 完全未経験でも基礎が身に付く
  6. Webエンジニアに質問し放題
  7. 挫折率はたった8%
  8. Webデザイン教材も豊富

つまりは、月額制で完全オンラインのプログラミング学習サービスという認識で大丈夫です。

 

しかも、飲み会1回分の料金で利用できます。

ここでちょっとサービスの概要を見てみましょう。

 

▼サービス概要

サービス名 SAMURAI ENGINEER PLUS+
運営会社 株式会社SAMURAI
月額料金 3,278円(税込)
入会費 無料
サービス開始 2021年3月

 

▼学習できるスキル

フロントエンド(Web制作)向け

 

HTML / CSS / JavaScript / jQuery / WordPress / PHP / Bootstrap / Webデザイン / Photoshop / Adobe XD / 案件獲得方法 など

アプリ開発向け

 

HTML / CSS / JavaScript / Ruby / Ruby on Ralis / PHP / Laravel など

上記のようなスキルが「初級編」「中級編」「上級編」の教材が用意されており、全てを合計すると30種類以上にもなります。(Webエンジニアに必要なスキルは網羅されています◎)

 

▼公式サイト

>> サムライエンジニアプラス

 

これ冷静に考えてみると本当に革命的なサービスなんです。

なぜなら、本来プログラミングスクールの相場は30〜50万円ほど。

 

しかし、サムライエンジニアプラスなら、

  1. Webエンジニアに質問し放題
  2. 毎月のレッスン1回無料(1万円相当)
  3. 豊富な学習教材

上記がすべて付いて、月額3,278円(税込)で受講できてしまうのです。

しかも、いつでも退会可能。

 

例えば、サムライエンジニアプラスを3ヶ月利用する場合

月額3,278円(税込) × 3ヶ月 = 9,834円

つまり、3ヶ月かけてゆっくり学習したとしても、9,834円の自己投資で済むということです。

 

ぼくがプログラミングを学習していた頃にも欲しかったな〜と嫉妬してしまうほどに、コスパ最強なサービスです。

 

  • 教材には極力お金をかけたくない
  • 学習の段階で失敗したくない
  • 初心者向けの教材で学び始めたい

こういった方は迷わず、サムライエンジニアプラスを受講してみるといいですよ。

 

月額3,278円(税込)なら飲み会一回分です。

飲み会一回分の自己投資で人生が変わると思って、惜しまずに出しましょう。

 

それでは、最後に「STEP4. Webエンジニア転職 or 副業に挑戦してみよう」を見ていきましょう!

 

【STEP4】Webエンジニア転職 or 副業に挑戦してみよう

学習を終えることができた方は転職・副業に挑戦してみましょう。

 

  • でも本当に案件取れるのかな・・
  • 初案件だし、ちゃんとできるか不安・・
  • 今のスキルで大丈夫なのかな・・

そんな方でも大丈夫です。ここまでのロードマップをしっかりと歩んできた方は現場で働けるスキルが身についているはず。

 

あまり気負いせず、自信を持って挑戦してみましょう!

 

下で紹介している求人サイトは「実務は未経験だけど、まず仕事をしてみたい!」という方におすすめ◎

副業案件や転職求人を多く扱っているサービスを紹介しているので、安心して使ってみてください。

【未経験OK】エンジニア・デザイナー向け「無料」求人サイト3選

 

 

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ちょっと長かったかとは思いますが、その分出し惜しみせずだれが実践しても高確率でWebエンジニアに慣れるように書いたつもりです。

 

 この記事の内容

以上がプログラミングロードマップでした。