cssだけ。絶対失敗しないナビゲーションメニューサンプル3選(マテリアルデザイン)

今回は絶対失敗しないナビゲーションメニューサンプル3選(マテリアルデザイン)をご紹介。それぞれに違ったエフェクトがついています。実務で使えます。
htmlとcssだけしか使っていません。
コードの説明や実際の動きも詳しくまとめてみたので自由にお使いください。

こちらのデザイン・コードはすべて完全オリジナルなのでコピペ大歓迎です。

 

1. hoverするとボタンが浮き上がるナビゲーションメニュー

動きは下の画像のような感じになります

コードを見る
<div class="navigation">
  <!-- 階層に分けてナビゲーションの骨組みを作成 -->
  <ul>
    <li class="button">
      <p><a href="#">Home</a></p>
    </li>
    <li class="button">
      <p><a href="#">About</a></p>
    </li>
    <li class="button">
      <p><a href="#">Portfolio</a></p>
    </li>
    <li class="button">
      <p><a href="#">blog</a></p>
    </li>
  </ul>
</div>
.navigation{
  /* flexboxで要素を真ん中に指定 */
  display: flex;
  justify-content: center;
  align-items: center;
  width: 1300px;
}
.navigation ul {
  width: 100%;
}
.button{
  display: block;
  padding:10px;
  background:white;
  width:20%;
  float:left;
  border:1px solid #d6d6d6;
  box-shadow:0 2px 3px 0px rgba(0,0,0,0.25);
  /* カーソルを離した際のアニメーションの速度調整 */
  transition:.2s all;
}
.button p {
  height: 10px;
  font-weight: 300;
}
.button a {
  color:#333333;
  /* リンク指定した要素のスタイルを削除 */
  text-decoration:none;
}
.navigation:hover .button{
  /* ナビゲーションをマウスオーバーした際のアニメーションの動きを指定 */
  filter:blur(3px);
  /* hoverしたボタン意外がぼやける */
  opacity:.5;
  /* hoverしたボタン意外が少し小さくなる */
  transform: scale(.98);
  box-shadow:none;
}
.navigation:hover .button:hover{
  transition: .6s;
  transform:scale(1);
  /* hoverしている要素のみぼやけない指定 */
  filter:blur(0px);
  opacity:1;
  /* hoverするとボタンが浮き出るように影を指定 */
  box-shadow:0 8px 20px 0px rgba(0,0,0,0.125);
}
ここがポイント!
  1. ul, liでナビゲーションの骨組みを作成
  2. flexboxでど真ん中に配置
  3. transitionで要素をマウスオーバー(hover)した際のアニメーションを指定
  4. hoverした要素のみにfilter:blur(0)を指定することでカーソルが乗っている要素のみが強調される
  5. 最後にbox shadowでうっすら影をつけることで浮いているようなナビゲーションメニューのデザインを実現

 

2. hoverするとボタンが凹むナビゲーションメニュー

動きは下の画像のような感じになります

コードを見る
<div class="navigation">
  <!-- 階層に分けてナビゲーションの骨組みを作成 -->
  <ul>
    <li class="button">
      <p><a href="#">Home</a></p>
    </li>
    <li class="button">
      <p><a href="#">About</a></p>
    </li>
    <li class="button">
      <p><a href="#">Portfolio</a></p>
    </li>
    <li class="button">
      <p><a href="#">blog</a></p>
    </li>
  </ul>
</div>
.navigation{
  /* flexboxで要素を真ん中に指定 */
  display: flex;
  justify-content: center;
  align-items: center;
  width: 1300px;
}
.navigation ul {
  width: 100%;
}
.button{
  display: block;
  padding:10px;
  background:white;
  width:20%;
  float:left;
  border:1px solid #d6d6d6;
  box-shadow: 0px 0px 0px 0px rgba(0,0,0,0) inset;
  /* カーソルを離した際のアニメーションの速度調整 */
  transition:.2s all;
}
.button p {
  height: 10px;
  font-weight: 300;
}
.button a {
  color:#333333;
  /* リンク指定した要素のスタイルを削除 */
  text-decoration:none;
}
.navigation:hover .button{
  /* ナビゲーションをマウスオーバーした際のアニメーションの動きを指定 */
  filter:blur(3px);
  /* hoverしたボタン意外がぼやける */
  opacity:.5;
  /* hoverしたボタン意外が少し小さくなる */
  transform: scale(.98);
  box-shadow:none;
}
.navigation:hover .button:hover{
  transition: .5s;
  transform:scale(1);
  /* hoverしている要素のみぼやけない指定 */
  filter:blur(0px);
  background-color: #f1f1f1;
  /* hoverするとボタンが凹むように影を指定 */
  box-shadow: 2px 2px 3px 3px rgba(0,0,0,0.6) inset;
  opacity:1;
}
.navigation:hover .button:hover > p {
  font-weight: bold;
}
ここがポイント!
  1. ul, liでナビゲーションの骨組みを作成
  2. flexboxでど真ん中に配置
  3. transitionで要素をマウスオーバー(hover)した際のアニメーションを指定
  4. hoverした要素のみにfilter:blur(0)を指定することでカーソルが乗っている要素のみが強調される
  5. 最後にbox shadowでボタンの内側に影を作り凹んでいるかのようなナビゲーションメニューのデザインを実現

 

3. hoverするとボタンが立体的に浮き出るナビゲーションメニュー

動きは下の画像のような感じになります

コードを見る
<div class="navigation">
  <!-- 階層に分けてナビゲーションの骨組みを作成 -->
  <ul>
    <li class="button">
      <p><a href="#">Home</a></p>
    </li>
    <li class="button">
      <p><a href="#">About</a></p>
    </li>
    <li class="button">
      <p><a href="#">Portfolio</a></p>
    </li>
    <li class="button">
      <p><a href="#">blog</a></p>
    </li>
  </ul>
</div>
.navigation{
  /* flexboxで要素を真ん中に指定 */
  display: flex;
  justify-content: center;
  align-items: center;
  width: 1300px;
}
.navigation ul {
  width: 100%;
}
.button{
  display: block;
  padding:10px;
  background:white;
  width:20%;
  float:left;
  border:1px solid #d6d6d6;
  box-shadow: 0px 0px 0px 0px rgba(0,0,0,0) ;
  /* カーソルを離した際のアニメーションの速度調整 */
  transition:.2s all;
}
.button p {
  height: 10px;
  font-weight: 300;
}
.button a {
  color:#333333;
  /* リンク指定した要素のスタイルを削除 */
  text-decoration:none;
}
.navigation:hover .button{
  /* ナビゲーションをマウスオーバーした際のアニメーションの動きを指定 */
  filter:blur(3px);
  /* hoverしたボタン意外がぼやける */
  opacity:.5;
  /* hoverしたボタン意外が少し小さくなる */
  transform: scale(.98);
  box-shadow:none;
}
.navigation:hover .button:hover{
  transition: .5s;
  transform:scale(1);
  /* hoverしている要素のみぼやけない指定 */
  filter:blur(0px);
  background-color: #f1f1f1;
  /* hoverするとボタンが立体的に見えるように影を指定 */
  box-shadow: 2px 2px 3px 3px rgba(0,0,0,0.6);
  opacity:1;
}
.navigation:hover .button:hover > p {
  font-weight: bold;
}
ここがポイント!
  1. ul, liでナビゲーションの骨組みを作成
  2. flexboxでど真ん中に配置
  3. transitionで要素をマウスオーバー(hover)した際のアニメーションを指定
  4. hoverした要素のみにfilter:blur(0)を指定することでカーソルが乗っている要素のみが強調される
  5. 最後にbox shadowで外側に影を指定し立体的で3Dのようなナビゲーションメニューのデザインを実現

 

追記

もっとナビゲーションのデザインやアニメーションが見たい方は
【CSSだけ】マウスオーバーでドロップダウンするナビゲーションメニュー3選(アニメーション)をご覧ください

今回のマテリアルデザインとは一味違いドロップダウン表示なども使った本格的なアニメーションデザインなのでより一層楽しんでいただけるかと思います。

参考

そもそもWebデザインの基礎がわからない。。
そんなあなたにはこれ!

ふたご


でもなあ、独学だと心配だしプログラミングスクールで学びたい!。かといってお金はかけたくないし。。
そんなあなたにはこれ!

ふたご

完全無料で一人前のエンジニアになれるプログラミングスクールあります
  1. プログラミング学習&サポートが無料!
  2. 誰もが知っている超優良企業への就職サポート付き!
  3. 学習言語:Java、PHP、HTML、CSSなど

 

   話だけ聞いてみる