【WordPressテーマ】ブログ初心者におすすめのテーマ3つ【SEO対策済み】

本記事ではブログ初心者におすすめの有料WordPressテーマの徹底比較を、ブログとプログラミングのみで生計を立てている筆者がわかりやすく解説しています。

・ブログ初心者におすすめのテーマってどれかな?
・初心者向けテーマって何かメリットってあるかな?
・SEO対策も万全なテーマってあるかな?
・テーマってどれくらいの費用なのかな?
こんなお悩みを全て解決していきます。

ふたご

さっそくブログ初心者におすすめのテーマ徹底比較をご覧になりたい方はブログ初心者向けテーマ徹底比較にお進みください。

下の記事では月3万円の定期収入が得られるブログを始めるメリットと開設手順を徹底解説しています。

【WordPress】15分で月3万稼げる副業ブログを始める方法【2020年版】

WordPressの知識ゼロからブログを開設して3ヶ月程で月3万の収益、3万PVを達成した筆者が初心者の方のブログ作成に最適な有料テーマを徹底比較していきます。
SEOに強いテーマをうまく活用すれば集客と収益化の近道になりますよ!

ふたご

【ブログで月5万以上稼ぎたいなら絶対に読むべき記事】
  • ブログをアフィリエイトで収益化したい・・
  • 初心者におすすめのASPを知りたい・・
  • そもそもASPってなに?・・
  • ASP審査に通過する基準ってなんだろう・・
  • かんたんに稼げる方法はないのかな・・

こんな悩みを全て払拭できます。

1. ブログ初心者向けテーマを導入するメリット

5つの理由
  • カスタマイズが簡単
  • プログラミング言語が必要ない
  • バランスがいい
  • SEO対策がバッチリ
  • テーマの公式サイトに使い方が載ってる

他にもありますが主に上の5つが理由です。

初心者向けテーマを選んでおけばとにかく安心です!

初心者向けテーマは「高いデザイン性」、「万全なSEO対策」、「カスタマイズがしやすい」など何もかもが揃っています。

テーマの公式サイトには詳しい使い方がわかりやすく記載されているので簡単にカスタマイズができます。

ブログ初心者の方が「集客力の獲得」、「収益化」を最速で目指すのであればまずは初心者向けテーマを選ぶと達成しやすいです。

初心者向けのテーマなら設定等もラクラクなので記事作成に集中できますよ!

ふたご

 

2. テーマ導入にかかる費用まとめ

結論
10,000円〜25,000円

相場としては約15,000円くらいで高いテーマだと30,000円を超えるものもあります。

ブログ開設が初めての方が最速で集客と収益化を狙うなら有料テーマをおすすめします。

ちなみに有料テーマを選ぶ大きなメリットは

① 十分なSEO内部対策がされている
② ユーザビリティの高いUIUXとなっている
③ 導入後のカスタマイズがカンタン
④ オリジナルのショートコードで記事をアレンジ可能
⑤ 問題発生時のサポート体制がしっかりしている

ブログを初めて開設する方は有料テーマを導入してしまった方が集客が楽になりますね。

開設費用がかかることでブログ開設を迷う方もいるかと思います。しかし半年〜1年後の自分が毎月3〜5万円のリターンを得られると考えれば先行投資としてはかなり魅力的かなと思います。

ちなみに有料テーマと無料テーマを比較してみたい方は下の記事がオススメです。

【WordPressテーマ】SEO対策済みの有料テーマと無料テーマ徹底比較【2020年版】

筆者はブログで集客と収益化を狙う際には有料テーマを購入してきました。その時々で選ぶテーマは違いましたが1つのブログを立ち上げるのに初期投資としておよそ15,000円ほどかけています。
正しい手順で継続すれば投資した額は必ず返ってくるので先行投資として有料テーマに投資するのは長期的に見れば最高の決断になりますよ!

ふたご

注意
高額なテーマだからといって優れている訳ではありません。基本的には今回ご紹介する中で相場の15,000円あたりのテーマを選ぶのがいいかなと思います。

 

3. ブログ初心者向けテーマ徹底比較【SEO対策済み】

本章ではブログ初心者におすすめの有料テーマ3つを徹底比較していきます。
値段やデザイン性、SEO内部対策など8つの指標を使って総合評価を出していきます。
総合評価が全てではありませんのでご自身が直感で気に入ったデザインのテーマを選ぶのがベストだと思います。

ブログ初心者はこのテーマ!

早速ですが、ブログ初心者におすすめの厳選テーマはこれ1つです。

THE THOR(ザ・トール)であればSEO内部対策やデザイン性はトップレベルです。

初心者の方でもカスタマイズが簡単で、定番なテーマでもあるので安心感もあります。

選ぶのがめんどうな方はバランスのいい「THE THOR(ザ・トール)」で全く問題ないと思います。

会員限定サイトにあるマニュアルでカスタマイズもラクラク!

ふたご

徹底比較する初心者向けテーマ3つ

今回は以下の3つの有料テーマを比較していきます。

初心者向けテーマ3つをレビュー形式で徹底比較

THE THOR(ザ・トール)

THE THOR(ザ・トール)

値段
(4.0)
デザイン性
(5.0)
SEO内部対策
(5.0)
表示速度
(5.0)
サポート体制
(5.0)
見やすさ
(5.0)
カスタマイズしやすさ
(5.0)
ショートコード
(4.5)
総合評価
(5.0)
このテーマのポイント
値段      :14,800円

デモサイト   :THE THOR(ザ・トール)のデモサイト

THE THORの特徴:ザ・トールは、極限まで美しく・おしゃれで・洗練されたサイトを誰でも簡単に作れる国内トップクラスの「デザイナーズテーマ」です。加えて、上位表示に必要な内部SEO対策機能が網羅されており、高速表示を実現する最新かつ革新的な技術を多数装備しています。

 THE THORの公式ホームページ 

デザイン性、SEO対策ともに最高級ですね。デモサイトを気に入ればTHE THORに決めてしまっても全く問題ないくらいトップクラスのデザインテーマです!会員限定サイトにわかりやすいマニュアルがあるのでカスタマイズもラクチンです!

ふたご


STORK19(ストーク19)

STORK19(ストーク19)

値段
(4.5)
デザイン性
(4.0)
SEO内部対策
(3.5)
表示速度
(4.5)
サポート体制
(4.0)
見やすさ
(4.0)
カスタマイズしやすさ
(4.0)
ショートコード
(4.5)
総合評価
(4.0)
このテーマのポイント
値段      :11,000円

デモサイト   :STORK19(ストーク19)のデモサイト

STORK19の特徴20,000人以上のユーザーに使われたWordPressテーマ”STORK”の最新バージョン「STORK19」です。美しいデザイン、徹底したモバイルファースト、表示速度などバランスのいいテーマです。公式ページではテーマのカスタマイズ方法やショートコードの使い方などがわかりやすく説明されているので導入後も安心できます。

 STORK19の公式ホームページ 

STORKと言えば定番のテーマですね。前回バージョンから大幅なアップデートがされて特にデザイン面がかなり改善されました。公式サイト内に詳しいマニュアルが記載されているのでカスタマイズがラクチンです!

ふたご


SANGO(サンゴ)

SANGO(サンゴ)

値段
(4.5)
デザイン性
(5.0)
SEO内部対策
(4.5)
表示速度
(4.0)
サポート体制
(3.5)
見やすさ
(5.0)
カスタマイズしやすさ
(4.5)
ショートコード
(4.5)
総合評価
(4.5)
このテーマのポイント
値段      :11,000円

デモサイト   :SANGO(サンゴ)のデモサイト

SANGOの特徴:SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマです。Googleのマテリアルデザインを大部分で採用。内部SEOも最適化されています。

 SANGOの公式ホームページ 

本ブログサイトもSANGOを導入しています。かわいいデザインでユーザーに不快感を与えないUIUXが特に気に入っています。ショートコードも膨大なので重宝しています。WordPressでブログ開設する上でConoHa WINGサーバーを契約する場合には申込フォームでチェックを入れるだけでSANGOを導入できてしまいます。しかも1,000円OFFです!導入方法は【WordPress】15分で月3万稼げる副業ブログを始める方法【2020年版】をご覧ください。

ふたご