【現役Webデザイナーが本気で執筆】
ゼロから始めるWebデザイナーロードマップ >>
「今だけ無料公開中」

距離感が近すぎる職場は要注意です。合わないと感じるなら離れましょう

ゆうけん

  • 元採用担当者
  • 新卒ブラック企業&パワハラ上司で心を病む
    →1年半で退職
    →ホワイト企業に転職
    →1年半で退職
    →未経験からフリーランス
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • 職場の距離感が近すぎる。
  • 職場の人間関係が自分には合ってない気がする。
  • 距離感が近すぎて仕事がやりづらい。

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

職場の距離感が近すぎると息苦しさを感じませんか?

ぼくは前職で感じていました。

 

前職の職場では何かと人間関係の距離感が近かったです。

  • プライベートのことを頻繁に聞かれる
  • プライベートに干渉してくる
  • 休日にも連絡してくる
  • SNSを交換したがる
  • 休憩には毎回ランチに誘われる

他にもたくさんありますが、ぼくの上司や同僚はこんな感じの人たちでした。

 

「職場の距離感が近すぎて生理的に受け付けない。」

「もっと距離感を大事にする職場で働きたい。」

「もう職場の人間関係に耐えられない。」

 

あなたがもし、ぼくと同じような状況だとしたら、この記事を読み進めてほしいです。きっと救いになるはずです。

あなたに伝えたいことがたくさんあるんです。

 

【参考】

『仕事、職業生活に関する強い不安、悩み、ストレス』

自分の仕事や職業生活に関して「強い不安、悩み、ストレスがある」とする労働者は61.5%となっている。

男女別にみると、男性(63.8%)の方が女性(57.7%)より高くなっている。

「仕事でのストレス」がある労働者が挙げた具体的なストレス等の内容としては、「職場の人間関係の問題」35.1%が高く、次いで「仕事の量の問題」32.3%「仕事の質の問題」30.4%「会社の将来性の問題」29.1%の順となっている。

男女別にみると、「職場の人間関係の問題」は男性(30.0%)より女性(44.4%)が高く、「会社の将来性の問題」は男性(34.2%)の方が女性(19.9%)より高くなっている。

第10回「仕事と生活の調和に関する検討会議」 > 仕事、職業生活に関する強い不安、悩み、ストレス(厚生労働省)

 

距離感が近すぎる職場は要注意です。合わないと感じるなら離れましょう

  • 手遅れになる前に転職先を探し始めよう

「でもまた失敗したら嫌だし…」

「でも転職するための時間もお金もないし…」

そんなことを言われてしまいそうですが、それでも言わせてください。

 

前職の人間関係は、ぼくにとって距離感が近すぎたため、気持ち悪さを覚えていました。

職場の人間関係に友情を求められている気がして居心地がとても悪かったです。

 

職場の距離感が近すぎると仕事にも支障が出ますし、精神的にも参ってしまいます。

今は我慢できてもいずれは爆発します。

 

そうなる前にあなたに合う適度な距離感の職場を探しておきましょう。

「でもお金ないし..」

「転職活動する時間もないし..」

大丈夫です。

 

今の仕事を続けながらでも転職活動はできます。

その理由が後ほどお伝えします。

 

ちなみに転職活動の手順は以下のとおりです。

  1. 求人を一通り見てみる
  2. 「この条件なら働いてもいいかな。」と思える全求人に応募
  3. 面談や面接を行う
  4. 内定を獲得

 

たったこれだけです。

ぼくはこの手順で転職活動をして、たった1ヶ月で5つの内定をいただけました。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

距離感が近すぎる職場は要注意です。合わないと感じるなら転職先を探すべき理由

今のままだと仕事に支障が出る

このまま今の職場にいたら仕事に支障が出てきます。

既に支障が出てる人もいると思います。

 

距離が近すぎるということは、「遠慮も礼儀もほぼない状態」です。

そんな状態で仕事をやるとなると、遅かれ早かれブラック労働が日常になります。

 

要は距離感が近すぎると「社員は家族。だからみんなで痛みを分け合おう。」みたいな文化に陥りやすいんです。

適度な距離感があれば、「仕事は仕事」として割り切っても何も問題ないですし、職場の雰囲気も同様です。

 

「距離感が近いな」と思ったら迷わず辞めましょう。

まず間違いなく辛い思いをすることになります。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

転職するなら早い方がいい

もしあなたが20代〜30代前半ならまだ間に合います。

今すぐ動き出しましょう。

 

具体的には下の手順を行ってください。

  1. 求人を一通り見てみる
  2. 「この条件なら働いてもいいかな。」と思える全求人に応募
  3. 面談や面接を行う
  4. 内定を獲得
  5. 今の職場を退職

たったこれだけです。

 

転職サービスを使えば、空いた時間にオンライン面談や面接ができるので、現職にバレずに内定獲得まで進められます。

また、転職活動にお金は必要ありません。

転職サービスは無料のものを使えばいいですし、オンラインで面談や面接ができるので交通費すらかかりません。

 

お金がない。

時間がない。

この2つはこれでクリアです。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

仕事や職場が合わないなら、逃げてもいい理由

自分なりに頑張ってきた。でももう限界。これ以上はこの仕事を頑張れない…という方は逃げてもなんとかなります。

 

簡単に理由を説明すると、

 

  • どの業界も人手不足で人材確保に躍起になっている
  • 多少の社会人経験や実績、スキルがあれば超優遇される
  • 結論、数打てば割とアンパイな会社に採用される

一歩踏み出す勇気さえあれば、案外なんとかなります。

 

  • 「直近のお金がない」
  • 「アピールできるほどのスキルがない」
  • 「親に迷惑がかかる」
  • 「親や親戚、友人にばれたら恥ずかしい」
  • 「会社や上司、クライアントに迷惑がかかる」

こんな不安も全部わかります。

 

でも、お金がなくても、決心がついてなくても、家族に多少の迷惑がかかるとしても、会社がほんの少し困るとしても、

辞めていいんです。

自分優先で何が悪いんですか。

自分あっての人生です。

 

ちなみに当時のぼくもスズメの涙ほどの貯金しかありませんでした。リアルな貯金額は3万円とかだったと記憶しています。

もっというと、面接でアピールできるほどのスキルや実績なんてありませんでした。

 

そんなぼくでも転職活動を始めてたった1ヶ月で内定5社獲得できました。

つまり、ぼくのような微妙なスキル(簡単なExcel処理やクライアント対応程度)でも、別の会社では重宝されることもザラにあるということです。

 

何が言いたいかというと、あなたにはもっと向いている環境があるんです。

そしたら、あなたが取るべき選択肢は1つしかありません。

今の環境から抜け出すことです。

 

  • 家から近くて通勤が楽
  • 出勤時間が選べて、朝ゆっくりできる
  • 休日が多くプライベートを満喫できる
  • 今の職場より年収が高い
  • 住宅手当などの福利厚生が整っている
  • 残業が少なく、定時退社が当たり前
  • アットホームで人間関係が良好
  • 裁量が大きく、市場価値を高めれる

自分から動けば、こういった胸がトキメクような仕事が意外とすぐに見つかります。

 

しかし、あなたが悩んでいるうちに、そういった求人はどんどん埋まってしまいます

 

ちなみに、ぼくが当時使っていた中でおすすめの転職サービスは下の3つです。

実際にホワイト企業からの内定も出ているのでどれも文句なしだと感じました。

 

第二新卒エージェントneo

20代の転職に強い。非公開求人多数。残業量や人間関係などの内部情報も教えてくれる。

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

 

ウズキャリ第二新卒

20代の転職に強い。非公開求人多数。残業量や人間関係などの内部情報も教えてくれる。

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

 

就職Shop

書類選考なし大手企業の運営で安心カウンセラーのレベルが高い』の三拍子

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

それぞれの特徴や評判などを、もっと詳しく確認したい方は下の記事を読んでみてください。

転職したいけどスキルがない..そんなあなたにおすすめな『20代に強いエージェント3選』をご紹介!

 

今の職場に不満のある方は「いきなり転職!」とまではいかなくても、他の会社を見てみるくらいはしておくと良きです。

いざ転職活動する時に「1社も内定が獲れない..」といった失敗は避けられるはずです。

 

まとめ

  • 職場の距離感が近すぎる。
  • 職場の人間関係が自分には合ってない気がする。
  • 距離感が近すぎて仕事がやりづらい。

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

ぼく自身、仕事のストレスで一度心が潰れた経験があるので、心を込めて執筆させてもらいました。

 

【この記事の要約】