【月10万稼ぐ】本物のWeb制作3ヶ月独学ロードマップ

【徹底比較】SEOに強いWordPressテーマ5つ|アフィンガー・賢威の違い?

本記事ではSEOに強い有料WordPressテーマの徹底比較を、ブログとプログラミングのみで生計を立てている筆者がわかりやすく解説しています。

 

・SEOに強いテーマの方がいいのかな?
・有料テーマと無料テーマって何が違うのかな?
・テーマっていくらくらいするのかな?
・どのテーマがSEOに強いのかな?
こんなお悩みを全て解決していきます。

ふたご

 

この記事の信頼性

  • 現役ブロガーが執筆(ブロガー歴5年)
  • Twitterフォロワー数1,900人超(→@twinzvlog_yk
  • Google検索順位1〜5位量産
  • 最高月間アクセス70,000PV超
  • 最高月間収益100,000円超

 

内部SEOに強い有料WordPressテーマ徹底比較|賢威・AFFINGER5・THE THOR・Diver・SANGO

本章ではSEOに最強な有料テーマ5つを徹底比較していきます。
値段やデザイン性、SEO内部対策など8つの指標を使って総合評価を出していきます。
総合評価が全てではありませんのでご自身が重要視する指標をベースに決めるのがいいかなと思います。

 

徹底比較する5つの有料テーマ

今回は以下の5つの有料テーマを比較していきます。

 

5つの有料テーマをレビュー形式で徹底比較

賢威(ケンイ)

賢威(ケンイ)

値段
(3.0)
デザイン性
(3.0)
SEO内部対策
(5.0)
表示速度
(4.0)
サポート体制
(3.5)
見やすさ
(3.0)
カスタマイズしやすさ
(4.5)
ショートコード
(4.5)
総合評価
(4.0)
このテーマのポイント
値段

24,800円

 

デモサイト

なし

 

賢威の特徴

賢威は、京都のWebマーケティングチーム「ウェブライダー」が開発しているテーマです。徹底した内的SEOとコンテンツプランニングによる外的SEOによって、数多くのサイトを上位表示を実現しています。かなり詳しく書かれたSEO対策とテーマのマニュアルが付いてくるのも賢威の大きな魅力の1つです。

 

 賢威の公式ホームページ 

 

とにかくSEOに超強く多数の検索上位表示の実績があります。Webマーケティングのプロが作成したテーマなので集客、収益化を目指す全てのブロガー、アフィリエイターにおすすめできるテーマです。

ふたご


 

WING – AFFINGER5(アフィンガー5)

WING - AFFINGER5(アフィンガー5)

値段
(4.0)
デザイン性
(4.0)
SEO内部対策
(5.0)
表示速度
(5.0)
サポート体制
(3.0)
見やすさ
(4.0)
カスタマイズしやすさ
(4.5)
ショートコード
(4.5)
総合評価
(4.0)
このテーマのポイント
値段

14,800円

 

デモサイト

WING – AFFINGER5(アフィンガー5)のデモサイト

 

WING – AFFINGER5の特徴

AFFINGER5は「稼ぐ」に特化したアフィリエイター向けのテーマです。本格的なSEO対策に加えて、カスタマイズのしやすさやデザイン性も兼ね備えた万能なテーマとなっています。「稼ぐ」に特化しているので、本格的に収益化を目指したい方にはかなりオススメです。

 

 WING – AFFINGER5の公式ホームページ 

 

これ程までにアフィリエイターにとって助かるテーマは他にはあまりありません。最速で稼ぎたい方でアフィンガー5のデザインも気に入った方は即決で間違い無いです!

ふたご


 

THE THOR(ザ・トール)

THE THOR(ザ・トール)

値段
(4.0)
デザイン性
(5.0)
SEO内部対策
(5.0)
表示速度
(5.0)
サポート体制
(5.0)
見やすさ
(5.0)
カスタマイズしやすさ
(5.0)
ショートコード
(4.5)
総合評価
(5.0)
このテーマのポイント
値段

14,800円

 

デモサイト

THE THOR(ザ・トール)のデモサイト

 

THE THORの特徴

ザ・トールは、極限まで美しく・おしゃれで・洗練されたサイトを誰でも簡単に作れる国内トップクラスの「デザイナーズテーマ」です。加えて、上位表示に必要な内部SEO対策機能が網羅されており、高速表示を実現する最新かつ革新的な技術を多数装備しています。

 

 THE THORの公式ホームページ 

 

デザイン性、SEO対策ともに最高級ですね。デモサイトを気に入ればTHE THORに決めてしまっても全く問題ないくらいトップクラスのデザインテーマです!

ふたご


 

Diver(ダイバー)

Diver(ダイバー)

値段
(3.5)
デザイン性
(4.0)
SEO内部対策
(4.5)
表示速度
(3.5)
サポート体制
(5.0)
見やすさ
(4.0)
カスタマイズしやすさ
(4.5)
ショートコード
(5.0)
総合評価
(4.5)
このテーマのポイント
値段

17,980円

 

デモサイト

Diver(ダイバー)のデモサイト

 

Diverの特徴

Diverは、初心者でも簡単に利用することが可能な高品質高機能なハイスペックワードプレステーマです。ブログでの収益化を念頭において作成されたテーマなので、SEO内部対策はもちろん、デザインも100%ユーザー目線で作られていますカスタマイズもかなりしやすいテーマとなっています。

 

 Diverの公式ホームページ 

 

デザイン性、SEO対策ともにTHE THORに負けず劣らずといった感じです。クライアントからのフィードバックを元に改善が繰り返されたテーマなので安心感はかなりありますね。

ふたご


 

SANGO(サンゴ)

SANGO(サンゴ)

値段
(4.5)
デザイン性
(5.0)
SEO内部対策
(4.5)
表示速度
(4.0)
サポート体制
(3.5)
見やすさ
(5.0)
カスタマイズしやすさ
(4.5)
ショートコード
(4.5)
総合評価
(4.5)
このテーマのポイント
値段

11,000円

 

デモサイト

SANGO(サンゴ)のデモサイト

 

SANGOの特徴

SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマです。Googleのマテリアルデザインを大部分で採用。内部SEOも最適化されています。

 

 SANGOの公式ホームページ 

 

本ブログサイトもSANGOを導入しています。かわいいデザインでユーザーに不快感を与えないUIUXが特に気に入っています。ショートコードも膨大なので重宝しています。

ふたご

内部SEOに強いWordPressテーマを選ぶべき理由5つ

5つの理由
  • 検索上位が狙いやすい
  • 集客力が圧倒的に強い
  • 収益化までの時間を短縮できる
  • ユーザーの離脱率を最小限に抑えられる
  • サーバーの負荷を最小限に抑えられる

他にもありますが主に上の5つが理由です。

内部SEOに強いテーマを選んでおけば自動的に恩恵を受けられます。

SEOに強いテーマのどれもがサイト構造や記事構成のどれをとっても、Googleの検索エンジンから良い評価が得られるように作られています。

コンテンツ勝負なところもかなり大きいですが、検索上位、集客力の獲得、収益化を目指すのであればSEOに強いテーマを選ぶに越したことはないです。

多様なカスタマイズにも対応しているためユーザーにとってストレスがなく見やすいコンテンツを作りやすく、離脱率を最小限に抑えることもできますよ。

ふたご

 

有料WordPressテーマを導入するメリット

WordPressはデザインテーマを導入することで簡単にクオリティの高いサイトに仕上げることができます。

導入手順は各々のデザインテーマのページでかなり詳しく解説されていてどれも10分〜20分程で導入が完了できます。

・無料テーマと有料テーマの違いって?

デザインテーマには無料テーマと有料テーマがあり、実際に無料テーマでもある程度質の高いブログデザインは作れます。

では無料テーマと有料テーマの違いは何なのでしょうか?

ふたご

この2つの違いは主に下の5つです。

① SEO内部対策
② デザイン性
③ カスタマイズのしやすさ
④ ショートコードの量
⑤ サポート体制

上で挙げたいくつかは無料テーマでもある程度は満たしています。

しかし有料テーマはプロのSEO対策の専門家による本格的なSEO内部対策がされていたり、デザイン性についても非の打ち所がないくらい洗練されており、かなり見やすく日本人ユーザーに特化して作られている場合が多いです。

何か不具合が生じた際のしっかりとした日本語でのサポート体制も安心ですね

ふたご

・5つのメリット

最速で集客&収益化できるかつオシャレなデザインのブログを開設したい方は有料のデザインテーマをおすすめします。

5つのメリット
① 十分なSEO内部対策がされている
② ユーザビリティの高いUIUXとなっている
③ 導入後のカスタマイズがカンタン
④ オリジナルのショートコードで記事をアレンジ可能
⑤ 問題発生時のサポート体制がしっかりしている

ブログを初めて開設する方は有料テーマを導入してしまった方が集客が楽になりますね。

有料テーマはSEO内部対策がされていることに加えて、ユーザビリティが非常に高いUIUXとなっていたりとかなり安心です。

開設費用がかかることでブログ開設を迷う方もいるかと思います。しかし半年〜1年後の自分が月3〜5万円程のリターンを得られると考えれば先行投資としては最高の投資先です。

筆者はブログで集客と収益化を狙う際には有料テーマを購入してきました。その時々で選ぶテーマは違いましたが1つのブログを立ち上げるのに初期投資としておよそ15,000円ほどかけています。
正しい手順で継続すれば投資した額は必ず返ってくるので先行投資として払っちゃいましょう!

ふたご

・テーマの決め方

今回比較していく有料テーマであればどれを選んでもSEO内部対策やデザイン性については申し分ないです。

選ぶ際のポイントは下の2つを軸に選ぶのがいいです。

  • SEO内部対策
  • デザイン性

ご自身が実際に目にした中でよりバランスの取れているテーマを選べば間違いないはずです!

結局はフィーリングが一番大事だったりするのでピンときたテーマを選ぶのが一番です!

ふたご

 

WordPressテーマ導入にかかる費用まとめ

結論
10,000円〜25,000円

相場としては約15,000円くらいで高いテーマだと30,000円を超えるものもあります。

とにかく最速で集客&収益化できるかつオシャレなデザインのブログを開設したい方は有料のデザインテーマをおすすめします。

ちなみに有料テーマを選ぶ大きなメリットは

① 十分なSEO内部対策がされている
② ユーザビリティの高いUIUXとなっている
③ 導入後のカスタマイズがカンタン
④ オリジナルのショートコードで記事をアレンジ可能
⑤ 問題発生時のサポート体制がしっかりしている

ブログを初めて開設する方は有料テーマを導入してしまった方が集客が楽になりますね。

開設費用がかかることでブログ開設を迷う方もいるかと思います。しかし半年〜1年後の自分が月3〜5万円程のリターンを得られると考えれば先行投資として受け入れてもバチは当たらないと思います。

ちなみにもっと多くの有料テーマを比較してみたい方は下の記事がオススメです。

【エンジニア必見】技術ブログ「WordPressテーマ」おすすめ3選

 

筆者はブログで集客と収益化を狙う際には有料テーマを購入してきました。その時々で選ぶテーマは違いましたが1つのブログを立ち上げるのに初期投資としておよそ15,000円ほどかけています。
正しい手順で継続すれば投資した額は必ず返ってくるので先行投資として有料テーマに投資するのは長期的に見れば最高の決断になりますよ!

ふたご

注意
高額なテーマだからといって優れている訳ではありません。基本的には今回ご紹介した中で相場の15,000円あたりのテーマを選ぶのがいいかなと思います。

 

最後に:テーマを選んだらまずは1記事投稿しよう

WordPressブログテーマ「賢威・AFFINGER5・THE THOR・Diver・SANGO」の5つを紹介してきましたが、ブログで最重要なのはコンテンツです。

ブログテーマがどれだけ優秀でも中身であるコンテンツ(記事)がなければ全く意味がありません。

兎にも角にも、良質コンテンツを増やしていくことに専念することを優先するために、テーマ選びにはあまり時間をかけないようにしましょう。

正直、「賢威・AFFINGER5・THE THOR・Diver・SANGO」のどれでもいいのでまずはブログを開設して、記事を増やしていく。これが大事です。ここからが本当のスタートです。

 

まだブログを開設していない人は下の記事を参考にしてみてください。

【15分で簡単】初心者のための「WordPressブログ」開設方法|副業ブログ