営業ナシでWeb制作案件が舞い込んでくる”新世代”戦略 ▶︎

【永久保存版】3分でわかる『Zoomミーティング』参加の仕方・方法

本記事ではZoomを初めて使う方向けにミーティングの参加方法をわかりやすく解説していきます。Zoomの参加方法はもちろん、必要なものや費用なども説明しているにで参考にしてみてください。

 

こんなお悩みを全て解決していきます。

ふたご

どうすればZoomミーティングに参加できるのかな?
Zoomミーティングで必要なものって何かあるの?
Zoomって無料で参加できるのかな?
Zoomってスマホとかタブレットでも参加できるのかな?

 

 

オンライン会議の議事録はどのように対応していますか?

  • A. 議事録専用の社員を用意してる
  • B. 自分で議事録を取ってる
  • C. 議事録なんて手間だから取ってない

 

このどれかかなと思います。

どちらにしても会議しながら文字を起こし続けるってかなり手間ですよね。

 

それこそ人がやるには非生産的すぎる作業です。

 

筆者自身も会社員の時は会議の度に議事録を取っていましたが、会話しながら文字を起こすのって想像以上に大変なんですよね。

 

後で見返して『うわ、あの時話してた○○の部分抜けてる。なんだっけ…』みたいな事故も起こります。(上司に詰められることもしばしば…)

 

議事録の目的は『後で見返した時に内容を全て把握できること』なので漏れがあってはいけません。

 

1対1の商談とかなら抜け漏れなんて防ぎようがないでしょ。

 

やっぱり議事録要員を入れるしかないでしょ。

 

いや、どうせ意味ないなら人件費の無駄だから議事録なんて取らなくていいでしょ。

 

こんなお声も御もっともです。

 

でももし

 

  • 議事録要員の必要なし
  • 議事録の抜け漏れなし

 

こんな議事録サービスがあったらどうでしょうか?

 

それが【AI GIJIROKU】!!

 

 

AI GIJIROKUとはこんなサービス

  1. 無料トライアルでのお試し利用が可能
  2. 自動文字起こし機能付き
  3. 人件費より遥かに安い利用料*
  4. Zoomとの連携可能
  5. 35ヶ国語翻訳機能で国際会議も可能

*1. 人件費(1人につき):時給2,000円 × 20(月に会議10回+議事録の手直し×10回分)=40,000円と算出。

 

 

今なら無料トライアルができるので『一旦、個人的に試してみて後で上司に相談してみる』こともできてしまいます。

 

この動画のようにリアルタイムで文字を起こしてくれます。

 

※再生ボタンを押すと音声が流れます。

 

まずはプランを確認したい方は【AI GIJIROKU】からご確認ください。

 

自動議事録作成サービス【AI GIJIROKU】

 

最後になりますが、下記のような大手企業も利用しています。

 

  • RGG
  • 山形パナソニック株式会社
  • 日経統合システム
  • Applied Group
  • Fisco
  • NTT Data

 

まずは無料トライアルで使ってみてください。

 

筆者自身も使っていますが、正直『ここまで楽なのか..!』と初めはかなり驚きました。

法人はもちろんですが、筆者自身がフリーランスなのでフリーランスの方にも営業の際に是非一度試していただきたいです。

 

ちょっと使ってみてもいいかな。

 

これくらいのモチベーションで試してみてください!議事録で『ここまで変わるのか!』と実感してみてください。

 

無料トライアル【AI GIJIROKU】

 

Zoomとは

ZoomとはWeb会議サービスを運営する「Zoomビデオコミュニケーションズ」のWeb会議ツールの名称です。

Zoomを使えばビジネスシーンでのミーティングやセミナー、社内研修はもちろん、プライベートでのビデオチャットや飲み会も簡単に開催できます。

そんなZoomですが特にビジネスシーンに特化したWeb会議ツールであることが特徴で、ファイルやテキスト共有、議事録の役割をはたすレコーディング機能など様々な機能を備えています。

日本はもちろん世界的にも在宅勤務が増えているためZoomを利用する場面はこれからも増え続けていくと予想されます。

そんな場面で困ることがないよう本記事では「Zoomミーティングへの参加方法」を丁寧に解説していきます。

Zoomミーティング参加にかかる費用

結論

無料です。

Zoomはミーティングを開催する側が費用を負担するモデルのため、参加者側には費用は一切発生しません。

参加者への負担がないので安心してミーティングに参加できますね。

ちなみにミーティングを開催する側は無料プランを含めた4つの中からプランを選択しています。

もしビジネスシーンでのミーティングをご自身で開催する必要がある場合には下の記事を参考にしてみてください。
>> 【最新版】Zoomの『料金プラン』4つを徹底比較(料金表付き)

Zoomミーティングの参加で必要なもの

Zoomに招待されたら事前に『最低限必要なもの』を用意しましょう。

Zoomはオフラインの商談や会議とは勝手が全く異なります。

ヘタをすると社内での評判だけでなく、クライアントからの信頼を損なってしまい勤務先の会社に大きな損害を与えてしまいかねません。

そうならないためにはZoomに最適な環境を整えることが必須なのです。

快適かつ円滑にオンライン商談や会議を進めるのに『最低限必要なもの』を下の記事で5つ紹介しています。

 

【絶対に失敗しない】ために『必要なもの』のみを厳選してありますので事前にご覧ください。

 

※突然ですが、Zoomミーティングへの参加の前に『大事』なお知らせです・・

 

『突然、画面が停止したり、音声が途切れ途切れになり聞き取れない』

 

あなたはこんな経験ありませんか?

 

これってお察しの通り、『ネット回線の脆弱さ』が主な原因なんです。正直、『ネット環境なんてよくわからないし、ネット弱いなんて仕方ない』と思いますよね。

 

しかし、想像してみてください。もし、あなたが営業マンでクライアントに商品をアピールし終え、会話も温まってきたところで『よし。そろそろクロージングかな?』と思った矢先、突然画面がフリーズしたらどうですか?場の空気は完全に”興ざめ”ですよね。そうなると、その後の商談は焦りが出てしまい『本来の実力』を発揮できないということも最悪あり得ます。

 

おそらくこの記事をご覧になっているあなたは『来週あたりにZoomミーティングなのにヤバイかも』と感じているかもしれません。

でも大丈夫です。

 

SoftBank Air(モバレコエアー)』なら工事不要でコンセントに挿すだけで超高速Wi-Fiが無制限で使い放題!最短3日で自宅に届くので『来週の』Zoomミーティングにも全然間に合います。しかも今なら実質半年間『無料』で使えるのでお見逃しなく!

 

【3分で完了】Zoomミーティングの参加方法

それではZoomミーティングの参加方法を説明していきます。

ZoomミーティングはPCでもスマホ・タブレットでも参加ができるのでそれぞれの参加方法をご紹介いたします。

とても簡単なので本番前に是非ご覧ください。

 

【PC】をご利用の場合

PCの場合には下記2種類の方法でZoomミーティングに参加ができます。

 

①ブラウザから参加

②アプリから参加

 

それでは見ていきましょう。

 

①ブラウザから参加

・URLをクリック

・「ミーティングを起動」をクリック

 

・「ブラウザから参加」をクリック

 

・名前を入力

 

・「コンピュータでオーディオに参加」をクリック

 

以上がブラウザからの参加方法です。

 

②アプリから参加

・URLをクリック

・「今すぐダウンロードする」をクリック

 

・Zoomアプリをインストールする

 

・「ミーティングに参加」をクリック

 

・「会議ID」と「名前」を入力

 

・パスコードを入力(開催者からパスコードをもらっているいる場合のみ)

 

以上がPCアプリからの参加方法です。

 

【スマホ・タブレット】をご利用の場合

スマホ・タブレットの場合はアプリで簡単に参加可能です。

それでは説明していきます。

 

・「ZOOM Cloud Meetings」をApp StoreまたはGoogle Playからインストール

 

・「ミーティングに参加」をタップ

 

・「ミーティングID」と「スクリーンネーム」を入力

 

・「パスコード」を入力(パスコードをもらっているいる場合のみ)

 

以上がアプリでのZoomミーティングの参加方法です。

タブレットでも全く同じ操作となります。

まとめ

Zoomミーティングの参加方法いかがでしたか?

意外と簡単にできたかなと思います。

これからはビジネスシーンだけでなくプライベートでもZoomを使う場面が多くなってくると思います。

Zoomはプライベートの飲み会などでも使えるので是非この自粛期間を有意義にお過ごしください!

最後に、クライアントとのミーティング中に『突然、画面が停止したり、音声が途切れ途切れになり聞き取れない』という大事故を防ぐためにもネット環境は万全にしておく必要があります。

 

Zoomでの不具合は自分だけでなく相手方にも多大な迷惑がかかるので、最低限のビジネスマナーとして可能な限りリスクを減らしたいところです。

 

来週のミーティングまでにネット環境をなんとかしないとやばいかも。

 

大丈夫です。今日検討すれば来週のミーティングまでにギリギリ間に合うので下の記事からネット回線を比較してみましょう。
>> 【完全保存版】Zoomに最適な『ネット環境』の選び方(無線・固定回線)