【通常1万円→無料公開】
プログラミング学習3ヶ月ロードマップ >>

メンター生50人に聞いた!エンジニアになれなかった人の共通点3つ。【解決策あり】

ゆうけん

  • 現役フリーランスエンジニア
  • 最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • エンジニアやプログラマーになれなかった人ってどんな共通点があるのかな・・
  • 確実にエンジニアになりたい。失敗したくない・・
  • 独学だと挫折しそうだし、スクールに通うお金もない・・

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

エンジニアになれなかった人ってどんな共通点があるのしょうか。

  • 頭が良くないとエンジニアにはなれないのでしょうか?
  • 高卒だとエンジニアにはなれないのでしょうか?
  • スクールに通わないとエンジニアにはなれないのでしょうか?

こんな疑問を持っている方は、安心してください。

 

今挙げた3つはエンジニアになる上で必須ではありません。

では何が「エンジニアになれるなれない」を分けたのでしょうか?

 

それを「筆者がメンター支援をしている50人に聞いた生のデータ」を元に解説していきます。

 

メンター生50人に聞いた!エンジニアになれなかった人の3つの共通点。

  1. 目標設定が曖昧
  2. 独学でエンジニアを目指していた
  3. お金をかければエンジニアになれると信じていた

え、才能とかは関係ないの…?

独学とスクールのどっちもダメならどうすればいいの…?

そんなことを言われてしまいそうですが、それでも言わせてください。

 

上で挙げた3つの共通点が1つでも当てはまっている方は要注意です。

この記事を読んでいる方は、例外なく「エンジニアになりたい」と考えているはずです。

 

でも、もし上で挙げた「エンジニアになれなかった人の3つの共通点」が1つでも当てはまっているなら、あなたがいくら強く望もうがエンジニアになるのに相当な時間がかかります。

 

確かに、エンジニアになれない訳ではありません。

でも非常に遠回りだと言いたいのです。

ぼくがTwitterでメンター支援をしている人を見ていても明らかです。

 

今まで100名以上のメンター支援をやってきましたが、上で挙げた共通点に当てはまる人でエンジニアになれた人は1人もいません。

 

どれも最短でエンジニアになるには足かせになるので、

  • 本気でエンジニアとして就職したい方
  • フリーランスとして大きく稼いでいきたい方

 

こんな方は後述している「エンジニアへの最短ルート」をお先にご覧ください。

知らないと相当な時間を無駄にしてしまうことだけは断言できます。

 

目標設定が曖昧

1つ目が「目標設定が曖昧」です。

明確な目標設定ができていないことで、挫折してしまうケースが多いのです。

 

  • エンジニア就職を目指しているのか
  • エンジニアとしてどんな働き方がしたいのか
  • エンジニアとしてどんな仕事内容を希望するのか
  • どれくらい稼ぎたいのか
  • 将来的にはフリーランスとして稼ぎたいのか

 

他にもありますが、どうでしょうか?

頭の中で明確にイメージできていますか?

 

あなたの目標設定が明確であればあるほど、達成する可能性が飛躍的に上がります。

これは100名以上のメンター支援をしていても明らかでした。

 

目標設定が曖昧で、漠然としたイメージで「エンジニアになりたい。」と考えている人はほぼ上手くいきません。

というのも、『目標が曖昧=ゴールが曖昧』だからです。

ゴールがどこにあるのかわからないのに走り続けていても一生ゴールには辿りつきません。

 

これと同じで、エンジニアになりたいなら、漠然としたイメージではなく、より明確な目標を設定することが必須なのです。

 

そのためにはまず、自分がどんな仕事をこなしていくのかを確認することから始めましょう。

 

つまり、実際の仕事を把握して、目標を明確にすることがエンジニアへの第一歩です。

 

ちなみに、ぼくがメンター受講生におすすめしている求人サービスはウズキャリIT一択です。

※20代限定で学習プログラムを受講料0円で受けることもできます。

 

独学でエンジニアを目指していた

2つ目が「独学でエンジニアを目指していた」です。

エンジニアになるためのスキル習得は独学では難易度がかなり高いです。

 

事実として、独学で挫折する人は9割を超えると言われています。

ぼくの周りのエンジニア学習者を見ていても、独学だと9割以上の方が半年後には挫折しています。

それほどまでに独学でエンジニアになるのは難しいのです。

 

1点補足ですが、エンジニアに必要なスキルは複数ありますが、1つ1つのスキル習得が難しいわけではありません。

しかし、数が多く、しかもエラーが発生したり、わからない箇所がかなり頻繁に出てくるという難点があります。

 

つまり、長い学習期間が必要にもかかわらず、躓きやすいポイントが多いということです。

だから独学には不向きなのです。

 

お金をかければエンジニアになれると信じていた

3つ目が「お金をかければエンジニアになれると信じていた」です。

 

例えば、

  • 総額50万円のスクールに通う
  • 10万円の教材・オンライン商材を買う
  • 月1万円のオンラインサロンに入会する

 

断言しますが、お金をかければエンジニアになれるなんてことはあり得ません。

結局は、あなたが本気で向き合わなければスキルは一切身に付かないですし、お金をドブに捨てることになります。

 

そもそもエンジニアになるために高額な費用なんて必要ありません

PC1台あれば他に必要なものもありません。

 

「でも、教材すらないから買わないと…」

「効率的にエンジニアになるために有料商材を読んだ方がいいんじゃないの?」

 

こんな疑問がある人もいるかもしれません。

でもこれはぼくが後述する「エンジニアへの最短ルート」を実行すれば、全て必要なくなります。

つまり、エンジニアになるためには、お金を払う必要はないのです。

 

結論:完全無料。〇〇がエンジニアへの最短ルート。

  • 「無料プログラミングスクール」でスキルを習得

これが完全無料で実現可能な唯一の最短ルートです。

 

でも、あなたの周りの方の多くは、

  1. 有料スクールを受講
  2. 有料商材を購入

この2つのどちらかまたは両方を選択していると思います。

 

実際にぼくがメンター支援をしてきた50人以上の方も同じやり方をしていました。

確かに、それでもエンジニアになれます。

 

でも、受講料0円のプログラミングスクールがあるんですよ?

しかも、エンジニアになるまでの挫折率は有料スクールと比べても何の遜色もありません

 

ではなぜ、有料スクールと無料スクールが存在しているのでしょうか?

それはスクールを運営する会社が求める利益率の大きさでしかありません。

 

スクール側はスクール運営において、

  1. 受講生から得られる受講料
  2. 就職支援によって得られる成果報酬

主にこの2つから利益を得ることができます。

 

結論から言うと、有料スクールは2つ両方から利益を得ていて、無料スクールは「②就職支援によって得られる成果報酬」のみから利益を得ています。

 

つまり、スクール受講料の有無はスクールの質とはほぼ関係ないのです。

なんなら、無料スクールは就職支援による成果報酬からしか利益を得られないので、スキル習得と就職サポートに本気で取り組んでくれます。

 

あなたがプログラミングを学んでいる、または学ぼうとしている目的はなんですか?

エンジニアになる』ことですよね?

 

であれば遠回りする必要なんてありません。

高額受講料を払う必要もありません。

 

では、具体的にはどの無料プログラミングスクールを受講すればいいのでしょうか?

結論をいうと、それはGEEK JOBです。

  1. 受講料0円就職サポート付きオンラインプログラミングスクール
  2. エンジニアの転職率97.8%
  3. 最短就職22日
  4. 転職に必要なスキルが完全に身に付く(Java / Ruby / HTML / CSS / SQL / Linux
  5. エンジニアの未経験者向けの求人がズバ抜けて多い

 

こういった特徴の無料プログラミングスクールです。

実際、無料で未経験からエンジニア転職を希望するなら、GEEK JOB以外に選択肢はないかと思います。

 

詳しい特徴などを確認したい方は、下の記事をご覧ください。

※20代限定で受講料0円となります。

 

まとめ

  • エンジニアになれなかった人ってどんな共通点があるのかな・・
  • 確実にエンジニアになりたい。失敗したくない・・
  • 独学だと挫折しそうだし、スクールに通うお金もない・・

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

 

【この記事の要約】