【現役Webデザイナーが本気で執筆】
ゼロから始めるWebデザイナーロードマップ >>
「今だけ無料公開中」

騙されるな。在宅Webデザイナーは難しいと言われる理由と解決策を現職が解説。

ゆうけん

  • 現役Webエンジニア兼デザイナー
  • 新卒ブラック企業&パワハラ上司で心を病む
    →1年半で退職
    →ホワイト企業に転職
    →1年半で退職
    →未経験からフリーランス
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • やっぱり在宅Webデザイナーは難しいのかな…
  • 在宅で仕事したいけど、そんなに甘くないよね…
  • 自分のスキルで在宅Webデザイナーの仕事なんてあるのかな…

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

  • Webデザイナーになろうか迷っている方
  • Webデザイナーになるために学習中の方
  • これまでにWebデザイナーとして経験を積んできた方

いろんな方がいると思いますが、

 

「Webデザイナーとして在宅で働けるのか」

これは気になりますよね。

 

結論から先に言うと、

実績や経験があれば確実に在宅Webデザイナーとして働けます。

 

もっと言うと、実績や経験がなくとも、在宅から経験を積みフリーランスとして働いている方はゴロゴロといます。

 

実際にぼくがそうです。

未経験からWeb制作案件を受注して、そのままフリーランスの在宅Webデザイナーとして働いています。

 

つまり、今あなたが未経験でも問題はないということです。

ましてや、Webデザイナーとしての実務経験がある方は全く問題なく、在宅Webデザイナーとして働けます。

 

とはいえ、

 

「在宅Webデザイナーとして働くにはどうしたらいいのか」

という疑問が浮かびますよね。

 

この疑問については先の文章で詳しく説明させていただきます。

 

難しい?在宅Webデザイナーとして働くにはどうしたらいいのか。

  • 結論:求人サイトを使えば現実的に在宅Webデザイナーとして働けます。

「でも求人サイトって手数料とか高そう…」

「求人サイトなんて使ったことないから不安…」

「在宅Webデザイナーの案件なんてあるの…?」

そんな疑問や悩みが浮かぶと思いますが、安心してください。

 

ぼくが使っている求人サイトは

  • 手数料は業界最安値(サービス利用は完全無料
  • 未経験者や初めてのフリーランスでもOK
  • 在宅のWebデザイナー案件多数

というように、かなり良心的で重宝しています。

 

そもそも、在宅のWebデザイナーが難しいと言われる理由は

  • 「仕事の取り方がわからない」
  • 「継続案件がもらえない」
  • 「単価の低い案件ばかりで生活が難しい」

こんな感じです。

 

しかし、ぼくが使っているような優良の求人サイトを上手く使えば全て解決できます。

フリーランスに特化した求人サイトなので、高単価案件も継続案件も簡単に見つかります。

 

つまり、求人サイトを使わない理由はないわけです。

さらに詳しい理由は次の章からお話させていただきます。

 

求人サイトなら「初めての在宅Webデザイナー」も難しくない3つの理由

営業しなくても在宅Webデザイナー案件を獲得しやすい

求人サイトを使えば、初めての在宅Webデザイナーでも難しくない1つ目の理由は「営業しなくても在宅Webデザイナー案件を獲得しやすい」です。

 

通常、Webデザイナーが在宅案件を獲得するには

  • 制作会社にメール営業 or テレアポして案件を獲得
  • クラウドソーシングで低い単価の案件を受注
  • 知り合いから受注

大体こんな感じだと思います。

 

特に制作会社への営業は”まじで”骨が折れます。

本当にしんどいです。

 

  1. テレアポにしてもメール営業にしても、数百社に営業をかけるのが前提。
  2. そのあとは、感触の良かった企業と、ひたすらZoom面談をして自分のスキルや経験をアピール。
  3. お互いの利害が一致すれば契約。
  4. 契約が完了してもすぐに案件がもらえるわけではなく、かつ継続案件をもらえる保証もないので、5社ほど契約をもらえるまでは営業の繰り返し。

ぼくはこれを2ヶ月かけてやり切りました。

 

これ、できますか?

 

正直、「あ、自分にはきつい。」って思いませんでしたか?

 

ぼくは「制作会社への営業」「クラウドソーシング」「知り合いから受注」の全てを経験したことがありますが、その上で言わせてください。

 

まじで全部しんどいです。

 

知り合いからの受注もしんどいの?と思われるかもしれません。

はっきり言って、単価は高めだし、仕事自体もしやすいです。

 

でも、継続案件がないから生活が不安定になります。

翌月の収入も確定しないので、翌月のことを考えるだけで胸が苦しくなります。

「Webデザイナーはきつい・やめとけ」の5つの理由。現役デザイナーが徹底解説

 

「え、じゃあやっぱり在宅Webデザイナーなんて無理じゃん!」と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。

 

実は、求人サイトを利用すれば全部解決できます。

 

実際、ぼくは求人サイトを使い出してから、営業はしていません。

単価もアップしたし、毎月の収入も安定的に入ってきています。

 

嘘みたいな話ですが、ホントです。

ちょっと長くなりましたが、ぼくが実際に使っていた求人サイトは下の2つです。

 

Webデザイナー経験者におすすめ

 

未経験Webデザイナーにおすすめ

 

高単価の在宅Webデザイナー案件が多く生活に困らない

求人サイトを使えば、初めての在宅Webデザイナーでも難しくない2つ目の理由は「高単価の在宅Webデザイナー案件が多く生活に困らない」です。

 

ちょっと前の章が長くなりすぎたので、少しあっさりめに解説します。

 

まず、正しい求人サイトを使えば生活には困りません。

なぜなら、フリーランスの在宅Webデザイナーに向けた高単価案件が揃っているから。

 

もっというと、通常だとフリーランスのWebデザイナーやWebエンジニアはあまり求人サイトを利用しません。

みんな営業で案件を獲得したり、エージェントと契約して常駐フリーランスとして働いている方がほとんどだからです。

 

つまり、フリーランスに特化した求人サイトは穴場ということ。

なので使わない手はありません。

 

在宅Webデザイナーを本気で目指しているなら、下の求人サイトだけでも使ってみてください。

完全在宅で毎月安定した収入を得たいWebデザイナーさんは登録必須です。

 

Webデザイナー経験者におすすめ

 

未経験Webデザイナーにおすすめ

 

継続案件が多く、案件獲得の不安が少ない

求人サイトを使えば、初めての在宅Webデザイナーでも難しくない3つ目の理由は「継続案件が多く、案件獲得の不安が少ない」です。

 

結論からいうと、ぼくがおすすめしている求人サイトはほとんどの案件が継続案件です。

つまり、案件獲得=継続案件の獲得と言っても過言ではないです。

 

継続案件ってそんなにいいの?と思う方もいるかもしれません。

言葉をそのまま返しますが、”そんなにいい”んです。

 

継続案件はフリーランスにとっては命綱みたいなもの。

実際にフリーランスになってみると実感すると思いますが、継続案件がないと毎月の生活がものすごく不安になります。

 

「来月は収入がないかも…」と怯えながら過ごすことになります。

 

そんなの嫌ですよね。

だから、継続案件は大事なんです。

 

と話が若干長くなりましたが、その継続案件を獲得するのに1番の近道が求人サイトなんです。

特に「フリーランス特化の求人サイト」これがおすすめです。

 

ちなみにぼくが実際に使った中でも選りすぐりの求人サイトは下の2つです。

在宅で働きたいWebデザイナーさんも、未経験でこれからWebデザインの仕事を獲得したい方もぜひ使ってみてください。

 

Webデザイナー経験者におすすめ

 

未経験Webデザイナーにおすすめ

 

まとめ

  • やっぱり在宅Webデザイナーは難しいのかな…
  • 在宅で仕事したいけど、そんなに甘くないよね…
  • 自分のスキルで在宅Webデザイナーの仕事なんてあるのかな…

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

 

【この記事の要約】

 

最後に厚生労働省公式ホームページにも記載されていた注意書きを紹介して終わりにします。

悪徳業者に注意!

高額な登録料・受講料・教材費を請求、高額な報酬を約束等の場合は注意が必要

信頼できる業者かどうかは、自身で情報収集を行い、発注担当者と連絡を取り合い、納得いくまで話をし、必要でないと判断したら、はっきりと断ることが必要

厚生労働省「在宅就業者総合支援事業」HOME WORKERS WEB > 5分でわかる自営型テレワーク > こんな点に注意しましょう! より引用