【現役Webデザイナーが本気で執筆】
ゼロから始めるWebデザイナーロードマップ >>
「今だけ無料公開中」

「Webデザイナーはきつい・やめとけ」の5つの理由。現役デザイナーが徹底解説

ゆうけん

  • 現役Webエンジニア兼デザイナー
  • 新卒ブラック企業&パワハラ上司で心を病む
    →1年半で退職
    →ホワイト企業に転職
    →1年半で退職
    →未経験からフリーランス
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • Webデザイナーはやめとけってよく聞くけど本当かな…
  • Webデザイナーの労働条件ってきついのかな…
  • Webデザイナーってどうやったらなれるのかな…

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

Webデザイナーはきつい・やめとけって聞いたことありませんか?

特にSNSを見ていると誰かしらが呟いていますよね。

実際のところどうなのでしょうか。

 

この記事に入ってきたあなたは、Webデザイナーに下のようなイメージを持っていませんか?

  • 華やかな仕事をしている
  • 好きなことを仕事にしている
  • 楽しんで仕事している

 

でもこんなイメージとは裏腹に、

  • 残業が多そう
  • 給料が低そう
  • スキル習得が難しそう
バカで頭悪いとWebデザイナーになれないのか。|徹底検証してみた

 

こんなイメージも持っていませんか?

さて、この記事では現役フリーランスWebデザイナーの筆者が自身の経験を元にあなたの疑問を解決していきます。

 

ちなみに、Web制作を仕事とする「Webデザイナー」のお仕事は下のように明記されています。

具体的な仕事内容をまだ知らない方は目を通しておきましょう

【引用】

企業、学校、官公庁などがインターネット上に設けたWeb(ウェブ)サイトの企画・デザイン・制作を行う。Webクリエイターとも呼ばれる。小さなサイトの場合は一人ですべてをこなすこともあるが、企業などが作成する数百ページにも及ぶサイトの場合などは、ページのデザイン、画像の作成、サイト制作の進行管理など、分業して制作を行う。

出典:厚生労働省>職業情報提供サイト>Webデザイナー

 

「Webデザイナーはきつい・やめとけ」の真実

  • 就職先やクライアントによって大きく異なります。

ということは自分の選択次第ってことなのかな…

どっちにしろやる仕事は同じでしょ…

そんなことを言われてしまいそうですが、それでも言わせてください。

 

Webデザイナーの仕事は、就職先や案件のクライアントによって全く異なります

もちろん、給料やリモート業務の可否、仕事内容にいたるまで全てが大きく違います。

 

だからこそあなたが就職するにせよ、初めからフリーランスで案件を取るにせよ仕事をする人や会社は注意深く選ぶべきなのです。

特にWebデザイナー就職を希望する方は、一度入社したら、おいそれと辞められないと思います。

 

もし会社の選択をミスると最低でも1年以上は地獄です。

さらに、1年以上も苦しんだ挙句、「大した経験もスキルも身につかなかった。」なんてことも大いにあり得ます。

 

どうせWebデザイナーになるなら楽しく仕事をしながら、スキルも経験も積み上げていきたいですよね?

でも普通に就職・転職活動をしても高確率で選択をミスります。

 

  • 焦って内定をもらうことが目的になってしまったり
  • 在宅のWebデザイナー職が希望なのに妥協したり
  • 入りたくもない会社の選考を受けたり
  • 希望とは全く違う職種の求人を受けてしまったり
  • やりたくもない仕事内容の求人で内定が出たり

就職・転職活動をしていると、こんなことが往々にしてあります。

 

そうはならないように、使う求人サイトは「Webデザイナー求人が多いサイト」を使いましょう。

たったそれだけのことで失敗する可能性が一気に下がります

 

ぼくが実際に内定をもらったWeb系の求人サイトのみを絞ったので、事前に見ておきましょう。

【未経験OK】エンジニア・デザイナー向け「無料」求人サイト3選

 

「Webデザイナーはきつい・やめとけ」と言われる5つの理由

残業が多い

1つ目が「残業が多い」です。

Webデザイナーの仕事は基本的に残業が多くなりがちです。

 

これは会社によって変わるのですが、Web制作会社勤務だと高確率で残業が多くなります。

しかもクライアントワークなので朝が割と早いので睡眠時間が少なくなります。

さらに、クライアントによっては土日に連絡が来たりするので、休日出勤は当たり前です。

 

これは業界全体の問題なので、基本的にどの制作会社に入っても起こり得ます。

なので、もし残業したくないのであれば、自社開発系の会社に入るか、残業が少ないことを売りにしている制作会社を選ぶしかないです。

 

しかし、もし将来的にフリーランスとして案件獲得をしていこうと考えている方は1〜2年だけWeb制作会社で働いてそのあと独立する流れはアリかなと思います。

ぼくの周りにもこの流れでフリーランスになり、月収100万円稼いでる方が多くいらっしゃいます。

 

もし将来を見据えてWeb制作会社で揉まれたい方は、「Web制作会社の求人が多いサイト」をまとめたので早いうちに見ておきましょう。

【未経験OK】エンジニア・デザイナー向け「無料」求人サイト3選

 

低収入になりがち

2つ目が「低収入になりがち」です。

特にWeb制作会社で正社員として働く場合に多いです。

 

Web制作会社はビジネスモデルの構造上、Webデザイナーなどの作業担当の方が低賃金になりがちです。

しかもディレクターポジションに上がらない限り、給与UPもほとんどありません

 

でもWebデザイナーとしてのスキルや経験は働いていれば勝手に積み上がっていきます。

なので、頃合いを見て独立してしまうのがベストな流れかなと思います。

 

具体的にはフリーランスとして案件をとり、月収100万円を狙うというものです。

Web制作会社で揉まれた後のあなたなら割と余裕で月100万円は到達可能です。

 

とは言え、それがWeb制作会社で1〜2年勤務した後の話です。

まずはスキルを身につけ、Web制作会社に就職する必要があります。

具体的な方法については後述いたします。

 

ちなみに、デザイナーの平均年収は460.9万円と低くもなく高くもないのが現実です。

(出典:厚生労働省>職業情報提供サイト>Webデザイナー ,平成27年国勢調査)

デザイナーと近しい職種として、エンジニアの平均年収は511.9万円とやや高めです。

(出典:厚生労働省>職業情報提供サイト>ソフトウェア開発(スマホアプリ) ,平成27年国勢調査)

 

もしWebデザイナーとしてWebデザインとサイト作成レベルのプログラミングスキルを習得するとなると、上で挙げたデザイナーとエンジニアの年収の中間くらいの年収になると予想されます。

現役エンジニア執筆。Webエンジニアはやめとけと言われる6つの理由と解決策

 

業務量が多く、疲弊しやすい

3つ目が「業務量が多く、疲弊しやすい」です。

これはWeb制作会社なら基本的にどこでも起こり得る話ですね。

 

業務が案件ベースなので、厳しい納期に毎日追われることになります。

しかも、納期直前の徹夜なんて当たり前

さらに、クライアントからの急な変更依頼休日の連絡なども普通にあります。

 

これらが精神的に結構きついです。

仮に耐えられたとしても3年が限度かなと思います。

 

でも大丈夫です。

その前に独立してしまえばいいのです。

 

Web制作会社で働く大きなメリットはフリーランスとして生きていくためのスキルと経験が得られることです。

1〜2年も働けば確実にフリーランスでも楽に月収30〜50万円は稼げます

 

少し無理すれば月200万円も狙えます。

ぼく自身は無理はしたくなかったので、無理なく最高月収100万円まで稼げています。

 

だからこそまずはWeb制作会社で働くことが重要です。

そのためにも、Web制作会社が必要とするスキルや経験を前もって把握しておきましょう。

 

ぼくが実際に使っていた「Web制作会社の求人が多いサイト」は下の記事にまとめてありますので、是非事前に見ておきましょう。

【未経験OK】エンジニア・デザイナー向け「無料」求人サイト3選

 

独学でのスキル習得が難しい

4つ目が「独学でのスキル習得が難しい」です。

Webデザイナーになるためのスキル習得は独学では難易度がかなり高いです。

先ほども言いましたが、独学で挫折する人は9割を超えると言われています。

 

ぼくの周りのWebデザイナー学習者を見ていても、独学だと9割以上の方が半年後には挫折しています。

それほどまでに独学でWebデザイナーになるのは難しいのです。

 

でもWeb制作会社に就職したり、案件を獲得するためには確実にスキルが必要です。

スキルがなければほぼ確実に就職できませんし、案件獲得なんて到底できません。

失敗した。Webデザイナーになれなかったら諦めるべき?|現職が解説

 

ではどうすればいいのか。

Webデザインスクールに通えばほぼ確実にWebデザイナーになれます。

Webデザイナー執筆。Webデザインスクールは無駄?3つの理由と解決策

 

というのも、Webデザインスクールにはあなたが学習段階で挫折しにくい理由があるからです。

  1. スクール費を払った手前、後戻りできなくなる
  2. 安心のメンター制度
  3. 一緒に頑張る仲間
  4. ハイクオリティの教材
  5. 就職・転職サポート

 

本気で最短最速でWebデザイナーになりたいなら、スクールに投資するのが最も賢い選択です。

ぼくがメンターをする人の中にも独学を選択する人が一定数いますが、9割近くが挫折しています。

 

でもスクールを受講した人のほとんどが、数ヶ月の学習期間を経て無事にWebデザイナーになれています

とはいえ、いきなり大金はたいてスクールに通うなんて即決できないですよね。

 

受講自体はお金が貯まってからになると思いますが、スクール担当者に事前に話だけは聞いておくのがはじめの一歩としては最善かなと思います。

スクール担当者との軽い面談は当然無料ですし、オンラインも対応しています。

 

今後のキャリアに不安のある方はその点についても相談できるので、是非一度ざっくばらんに話してみましょう!

 

ぼくが知っている限り、Web制作で稼ぎたい方に本気でオススメできるスクールこれ一択です。

 

もちろんオンラインでの個別説明会も無料で受けられます。

 

 

そもそも就職が難しい

5つ目が「そもそも就職が難しい」です。

正直にいうと、これは事実です。

やめとけ。Webデザイナー未経験の就職が厳しい3つの理由|現職が解説

 

とは言え、一般的には厳しいということです。

もしあなたが

  • 即戦力として使えるスキル
  • 柔軟な対応力
  • 質の高いポートフォリオ

この3つを持っていればほぼ確実に就職先には困りません

真実。独学で『Webデザイン就職』は不可能?現役デザイナーが解説

 

特にWeb制作会社なら確実に内定が出ます。

そもそもこれだけの人材なら、いきなりフリーランスとして稼いでいけるレベルです。

これらは既に紹介したスクールを受講すれば確実に得ることができます。

 

ただ、適当な求人サイトを使っても簡単に就職先が見つかるということはありません。

Webデザイナーになりたいのであれば、成功率の高いサイトを使うべきです。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

それは「IT就職に強い求人サイトを使う」です。

 

IT就職に強い求人サイトを使えば、関係ない求人が初めから排除されていますし、Webデザイナー求人も圧倒的に多いです。

ちなみにぼくが使っていた、実際に内定がもらえた求人サイトは下にまとめておきました。

【未経験OK】エンジニア・デザイナー向け「無料」求人サイト3選

 

まだ学習を始めていない方で、

  • 即戦力として使えるスキル
  • 柔軟な対応力
  • 質の高いポートフォリオ

上記3点を確実に手に入れたい方は下のスクールに話だけでも聞いておくことをおすすめします。

 

\ 未経験からWebデザイナー就職・案件獲得を目指すなら /
CodeCampに無料で話を聞いてみる >>

 

結論:「Webデザイナーはきつい・やめとけ」は一理ある。でも好きなことを仕事にできる。

巷では「Webデザイナーはきつい・やめとけ」と耳にしますが、実際のところ判断するのはあなた自身です。

今まで挙げた「Webデザイナーはきつい・やめとけ」と言われる理由の、

  • 残業が多い
  • 低収入になりがち
  • 業務量が多く、疲弊しやすい
  • 独学でのスキル習得が難しい
  • そもそも就職が難しい

この5つをあなた自身がどう捉えるか次第です。

 

でももしWebデザイナーとして働ければ、あなたは「好きなことを仕事にする」ことが実現できます。

本気でWebデザイナーになりたい方はそれを叶えるための方法をこれから説明しますので、読み進めてみてください。

 

未経験がWebデザイナーになる確実な手段は?

  • 就職サポートや案件獲得サポート付きの実績あるスクールに通いましょう

下記がスクールを選ぶ上でこの条件が必須となります。

  1. 就職サポートやフリーランス独立サポート付き
  2. 実績多数

 

当たり前ですが、Webデザイナーになるためのコースが用意されていることも含みます。

ぼくが知る限り、最も定番かつおすすめできるスクールは一択です。

 

\ 未経験からWebデザイナー就職・案件獲得を目指すなら /
CodeCampに無料で話を聞いてみる >>

 

実際にぼくの周りにもCodeCamp出身でWebデザイナーとして活躍する人が多くいます。

 

中にはフリーランスで月120万円稼ぐ強者もいらっしゃいます。

ぼく自身もフリーランスとして最高月収100万円を達成しています。

本音。もうWeb制作の副業は稼げない?【現役Webデザイナー解説】

 

しかもCodeCampならフリーランス独立へのサポートがあります。

本気でフリーランスを目指したい方には超オススメのスクールです!

 

まとめ

  • Webデザイナーはきつい・やめとけってよく聞くけど本当かな…
  • Webデザイナーの労働条件ってきついのかな…
  • Webデザイナーってどうやったらなれるのかな…

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

 

【この記事の要約】