【現役Webデザイナーが本気で執筆】
ゼロから始めるWebデザイナーロードマップ >>
「今だけ無料公開中」

やめとけ。Webデザイナー未経験の就職が厳しい3つの理由|現職が解説

ゆうけん

  • 現役Webエンジニア兼デザイナー
  • 新卒ブラック企業&パワハラ上司で心を病む
    →1年半で退職
    →ホワイト企業に転職
    →1年半で退職
    →未経験からフリーランス
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • Webデザイナー未経験の就職は厳しいのかな…
  • やっぱり実績や実務経験がないと就職は無理なのかな…
  • どうしてもWebデザイナーとして就職したいけど、具体的にどうしたらいいのかな…

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

Webデザイナーは未経験だと就職が厳しいのでしょうか?

 

確かに即戦力となるようなスキルや実務経験、実績を持っている人と比べたら、就職の成功率は下がりそうですよね。

でもだからと言って、「100社受けても1つも内定が出ない」ほど厳しいのでしょうか?

 

話が逸れますが、Webデザイナーの印象って、

  • センスがないとなれない
  • 高度なスキルを習得する必要がある
  • 豊富な実務経験がないとなれない

 

こんな風に思っていませんか?

もしそうであれば、未経験でWebデザイナーになるのはかなり難易度高いです。

でも実際にはそのほとんどが勘違いなのです。

「Webデザイナーはきつい・やめとけ」の5つの理由。現役デザイナーが徹底解説

 

今お伝えしたことも含めて「Webデザイナーは未経験だと就職が厳しい」のかを理由も併せてお伝えしていきます。

 

ちなみに、Web制作を仕事とする「Webデザイナー」のお仕事は下のように明記されています。

具体的な仕事内容をまだ知らない方は目を通しておきましょう

【引用】

企業、学校、官公庁などがインターネット上に設けたWeb(ウェブ)サイトの企画・デザイン・制作を行う。Webクリエイターとも呼ばれる。小さなサイトの場合は一人ですべてをこなすこともあるが、企業などが作成する数百ページにも及ぶサイトの場合などは、ページのデザイン、画像の作成、サイト制作の進行管理など、分業して制作を行う。

出典:厚生労働省>職業情報提供サイト>Webデザイナー

 

「Webデザイナー未経験の就職が厳しい」は本当?

  • 確かなスキルを習得できれば就職できます。

でもWebデザイナーになるにはセンスも必要そうだし…

Webデザイナーのスキルって一般人にも習得できるのかな…

そもそも実務未経験OKの会社ってあるのかな…

そんなことを言われてしまいそうですが、それでも言わせてください。

 

断言します。完全未経験からでもWebデザイナーとして就職できます。

初めに言わせてください。

  • Webデザイナーにセンスも才能も必要ありません。
  • Webデザイナーに習得困難なスキルは存在しません。
  • 実務未経験でも受け入れてくれる会社は意外と多いです。

 

つまり、「Webデザイナー未経験の就職が厳しい」はほとんど勘違いなのです。

先ほども言いましたが、確かにWebデザイナーとして強固な実績がある人と比べたら見劣りします。

でも、他の職種でも同じですが、経験が不足しているからといって受け入れ先がないとは限らないんです。

 

まず、Webデザイナーに限らず、IT人材は慢性的な人材不足です。

なので、世の中のイメージほどWebデザイナー就職は難しくないのです。

 

まずはWebデザイナーの求人を見てみましょう。

 

あなたが将来就きたい仕事が確実に見つかるはずです。しかも予想以上に多いはずです。

 

(下の記事はWebデザイナー・Webエンジニアの両方におすすめの求人サイトをまとめてあります。)

 

>> 【未経験OK】エンジニア・デザイナー向け「無料」求人サイト3選

 

ではなぜ「Webデザイナー未経験の就職が厳しい」と言われるのでしょうか?

その大きな理由を3つお伝えいたします。

 

「Webデザイナー未経験の就職が厳しい」と言われる理由3つ

即戦力になるスキルを習得する必要がある(独学だと9割挫折)

まず1つ目が「即戦力になるスキルを習得する必要がある」です。

しかもこれが独学だと習得が非常に困難となります。

 

Webデザイナーに必要なスキルは複数あるのですが、1つ1つのスキルが難しいわけではありません。

しかし、数が多く、しかもエラーが発生したり、わからない箇所がかなり頻繁に出てきるという難点があります。

 

つまり、長い学習期間が必要にもかかわらず、躓きやすいポイントが多いということです。

だから独学には不向きなのです。

真実。独学で『Webデザイン就職』は不可能?現役デザイナーが解説

 

でももしWebデザイナースクールに通えば、

  1. スクール費を払った手前、後戻りできなくなる
  2. 安心のメンター制度
  3. 一緒に頑張る仲間
  4. ハイクオリティの教材
  5. 就職・転職サポート

これらのメリットがあり、挫折する確率を極端に下げることができます。

Webデザイナー執筆。Webデザインスクールは無駄?3つの理由と解決策

 

とはいえ、スクールは独学と違い、受講料がかかってきます。

しかも、おいそれと出せるような金額ではないと思います。

 

でもWebデザイナーとして就職・転職が成功すればそんな金額はすぐに取り返せますし、何よりもあなたの「Webデザイナーなりたい」という夢が叶うんです。

まずは話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか?

 

無料ですしオンラインでも話は聞けます。

自分には無理。」と諦める前に一度、詳しい話を聞いておくのはアリかなと思いますよ。

 

ぼくが知っている限り、Webデザイナーになりたい方に本気でオススメできるスクールこれ一択だけです。

 

もちろんオンラインでの個別説明会も無料で受けられます。

 

 

採用担当を唸らせる良質なポートフォリオが必須

2つ目は「採用担当を唸らせる良質なポートフォリオが必須」です。

ここでいうポートフォリオとはあなた自身が作ったオリジナルのWebデザインやWebサイトのことを指します。

 

このポートフォリオの質が高ければ高いほど就職率が飛躍的にUPします。

というのもポートフォリオを見るだけで、「あなたの実力」が丸わかりだからです。

要するに、Webデザイナーにとってポートフォリオとは「嘘がつけないエントリーシート」のようなものですね。

 

でもそんな重要なポートフォリオですが、誰のアドバイスもなしに作れると思いますか?

ほとんどの人が何を作っていいのかさえわからないと思います。

 

でも大丈夫です。

先ほどもお伝えしましたが、Webデザインスクールはスキル習得のための学習だけでなく、ポートフォリオ作成のサポートも含まれています。

1人では難しくても、スクールならメンターやプロの講師、同じスクールの仲間がいます。

 

スクールは学習するためだけの場所ではなく、スキルを習得した後のことまでサポートがついています。

だから結果的にリターンの方が圧倒的に大きくなるんです。

 

本気でWebデザイナーを目指すなら、スクールの担当者に「あなたの不安や悩み」を全てぶちまけて解決しておきましょう。

無料で不安や悩みが解決しますし、スクールについても詳しく聞けるので一石二鳥ですね。

 

\ 未経験からWebデザイナー就職・案件獲得を目指すなら /
CodeCampに無料で話を聞いてみる >>

 

「実務未経験OK」の求人が少なく、競争率も高い

3つ目は「実務未経験OKの求人が少なく、競争率も高い」です。

これは事実なので受け入れるしかありません。

 

でもだからと言って、未経験からのWebデザイナー就職が難しいかと言えばそういうわけではありません。

要はやり方の問題です。

 

ただ数を打てばいいのではありません。

実務未経験OKの求人が少なく、競争率も高いので、普通にやれば当然苦戦します。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

それは「IT就職に強い求人サイトを使う」です。

 

さて、ここまでに

  1. 即戦力になるスキルを習得する必要がある(独学だと9割挫折)
  2. 採用担当を唸らせる良質なポートフォリオが必須

とお伝えしてきました。

 

これらをクリアできれば正直、Webデザイナーの就職活動で苦戦することはほとんど考えられません。

あるとすれば「みんなが使っているような」有名どころの総合求人サイトを使ってしまうことくらいでしょう。

 

え、それならどうすればいいの?

 

結論をいうと、IT就職に特化した求人サイト・エージェントを使えば無双できます。

例えば、下の記事で紹介している求人サイト・転職エージェントを使えば、まず失敗はしません。

【未経験OK】エンジニア・デザイナー向け「無料」求人サイト3選

 

未経験からでもWebデザイナーに就職できれば、働きながらWebデザインを学べるのでおすすめですよ。

 

「Webデザイナー未経験の就職が厳しい」と思う方が就職を成功させるための手段は?

  • 就職サポート付きの実績あるWebスクールに通いましょう

下記がスクールを選ぶ上でこの条件が必須となります。

  1. 就職サポート付き
  2. 実績多数

 

当たり前ですが、Webデザイナーになるためのコースが用意されていることも含みます。

ぼくが知る限り、最も定番かつおすすめできるスクールは1つだけです。

 

 

CodeCampならWebデザイナーまでの強固なレールとなってくれます。

しかも、CodeCampなら就職サポートだけでなく、副業やフリーランスに向けたサポートも含まれています。

本音。もうWeb制作の副業は稼げない?【現役Webデザイナー解説】

 

他にも特典盛り沢山なので、まずは話だけ聞いてみて、

  • スクールを受講する
  • 独学で挑んでみる

この2つのいずれかをご自身で決めたらいいかなと思います。

実際にぼくの周りにもCodeCamp出身でWebデザイナーとして活躍する人が多くいます。

 

中にはフリーランスで月120万円稼ぐ強者もいらっしゃいます。

ぼく自身もフリーランスとして最高月収100万円を達成しています。

 

Webデザイナーは実力次第で大きく稼ぐことも可能なお仕事です。

是非スキルを習得して夢を叶えましょう!

\ 未経験からWebデザイナー就職・案件獲得を目指すなら /
CodeCampに無料で話を聞いてみる >>

 

まとめ

  • Webデザイナー未経験の就職は厳しいのかな…
  • やっぱり実績や実務経験がないと就職は無理なのかな…
  • どうしてもWebデザイナーとして就職したいけど、具体的にどうしたらいいのかな…

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

 

【この記事の要約】