Web系の転職・副業が3倍「楽」になる!
「無料」求人サイト4選 >>

現実を話す。未経験からWebデザイナー就職が厳しい3つの理由

ゆうけん

  • 現役Webデザイナー
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitter累計フォロワー数5,000人超
  • Webデザイナー就職は未経験だと厳しいのかな…
  • やっぱり実績や実務経験がないと就職は無理なのかな…
  • どうしてもWebデザイナーとして就職したいけど、具体的にどうしたらいいのかな…

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

実際のところ、Webデザイナーの就職は未経験だと厳しいのでしょうか。

 

ぶっちゃけると、確かに即戦力となるようなスキルや実務経験、実績を持っている人と比べたら、就職の成功率は下がります。

でもだからと言って、「100社受けても1つも内定が出ない」ほど厳しいというわけではありません。

 

例えば、Webデザイナーの印象は

  • センスがないとなれない
  • 高度なスキルを習得する必要がある
  • 豊富な実務経験がないとなれない

こういったイメージを持っている方も多いかもしれません。

しかし、実際にはそのほとんどが勘違いなのです。

 

というわけで、本記事では「Webデザイナー就職は未経験だと厳しいのか」を徹底的に解説していきますね。

 

ちなみに、Web制作を仕事とする「Webデザイナー」のお仕事は下のように明記されています。

具体的な仕事内容をまだ知らない方は目を通しておきましょう

【引用】

企業、学校、官公庁などがインターネット上に設けたWeb(ウェブ)サイトの企画・デザイン・制作を行う。Webクリエイターとも呼ばれる。小さなサイトの場合は一人ですべてをこなすこともあるが、企業などが作成する数百ページにも及ぶサイトの場合などは、ページのデザイン、画像の作成、サイト制作の進行管理など、分業して制作を行う。

出典:厚生労働省>職業情報提供サイト>Webデザイナー

 

「Webデザイナー未経験の就職が厳しい」は本当?

  • デザインスキルを習得できれば、実務未経験でも就職できます。

 

でもWebデザイナーになるにはセンスも必要そうだし…

Webデザイナーのスキルって一般人にも習得できるのかな…

そもそも実務未経験OKの会社ってあるのかな…

そんなことを言われてしまいそうですが、それでも言わせてください。

 

断言します。

Webデザインスキルを習得できれば、実務未経験からでもWebデザイナーとして就職できます。

 

とはいえ、「Webデザインの学習方法なんてわからないよ…」という方は、下の記事を参考にしてみると最短でスキルを習得できます◎

>> 【ゼロから始める】Webデザイナー3ヶ月独学ロードマップ

 

これだけは知っておいてください。

  • Webデザイナーにセンスも才能も必要ありません。
  • Webデザイナーに習得困難なスキルは存在しません。
  • 実務未経験でも受け入れてくれる会社は意外と多いです。

つまり、「Webデザイナー未経験の就職が厳しい」はほとんどが勘違いなのです。

 

先ほども言いましたが、確かにWebデザイナーとしてハイレベルな実績がある人と比べたら見劣りします。

 

しかし、他の職種でも同じですが、経験が不足しているからといって受け入れ先がないとは限らないのです。

 

まず、Webデザイナーに限らず、IT人材は慢性的な人材不足です。

なので、世の中のイメージほどWebデザイナー就職は難しくないのです。

 

実際のWebデザイナー求人を見たことありますか?

実務未経験OKのお仕事や、求められるスキルレベルが高くないお仕事も意外と多いことを知っていますか?

 

まだ見たことがない人は、まずはWebデザイナーの求人を見てみましょう。

 

どこで仕事を探すのか決めていない方は、本記事の後半で紹介している「Webデザイナーへの最短ルート」をお先にご覧ください。

 

さて話がそれましたが、なぜ「Webデザイナー未経験の就職が厳しい」と言われるのでしょうか?

 

その大きな理由を3つお伝えいたします。

 

「Webデザイナー未経験の就職が厳しい」と言われる理由3つ

学習段階での挫折率が9割と言われている

まず1つ目が「学習段階での挫折率が9割と言われている」です。

さらに、学習段階で挫折してしまう人の最も大きな特徴は「明確な目標設定ができていない」ことがわかっています。

30人に聞いた!Webデザイナーになれなかった人の共通点3つ。【解決策あり】

 

  • Webデザイナー就職を目指しているのか
  • Webデザイナーとしてどんな働き方がしたいのか
  • Webデザイナーとしてどんな仕事内容を希望するのか
  • どれくらい稼ぎたいのか
  • 将来的にはフリーランスとして稼ぎたいのか

 

他にもありますが、どうでしょうか?

頭の中で明確にイメージできていますか?

 

あなたの目標設定が明確であればあるほど、達成する可能性が飛躍的に上がります。

これは過去100名以上のメンター支援をしていても明らかでした。

 

目標設定が曖昧で、漠然としたイメージで「Webデザイナーになりたい。」と考えている人はほぼ上手くいきません。

というのも、『目標が曖昧=ゴールが曖昧』だからです。

 

ゴールがどこにあるのかわからないのに走り続けていても一生ゴールには辿りつきません。

これと同じで、Webデザイナーになりたいなら、漠然としたイメージではなく、より明確な目標を設定することが必須なのです。

 

そのためにはまず、自分がどんな仕事をこなしていくのかを確認することから始めましょう。

 

つまり、実際の仕事を把握して、目標を明確にすることがWebデザイナーへの第一歩です。

 

ちなみに、ぼくがメンター受講生におすすめしている求人サービスはウズキャリIT一択です。

 

ウズキャリITについて詳しくは下から確認できます。

※20代限定の求人サービスです。

 

採用担当を唸らせる良質なポートフォリオが必須

2つ目は「採用担当を唸らせる良質なポートフォリオが必須」です。

ここでいうポートフォリオとはあなた自身が作ったオリジナルのWebデザインやWebサイトのことを指します。

 

このポートフォリオの質が高ければ高いほど就職率が飛躍的にUPします。

というのもポートフォリオを見るだけで、「あなたの実力」が丸わかりだからです。

要するに、Webデザイナーにとってポートフォリオとは「嘘がつけないエントリーシート」のようなものですね。

 

でもそんな重要なポートフォリオですが、どうやって作ればいいのでしょうか?

ほとんどの人が何を作っていいのかさえわからないと思います。

 

でも大丈夫です。

ぼくが実際にポートフォリオ作成をする際に参考にしたYouTube動画など、ポートフォリオ作成に必要な全手順をまとめましたので、下の記事よりご覧ください。

無料!自作「WordPressテーマ」作り方|ポートフォリオに最適

 

「実務未経験OK」の求人が少なく、競争率も高い

3つ目は「実務未経験OKの求人が少なく、競争率も高い」です。

これは事実なので受け入れるしかありません。

 

でもだからと言って、未経験からのWebデザイナー就職が難しいかと言えばそういうわけではありません。

要はやり方の問題です。

 

ただ数を打てばいいのではありません。

実務未経験OKの求人が少なく、競争率も高いので、普通にやれば当然苦戦します。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

それは「IT就職に強い求人サービスを使う」です。

 

さて、ここまでに

  1. 学習段階での挫折率が9割と言われている
  2. 採用担当を唸らせる良質なポートフォリオが必須

とお伝えしてきました。

 

これらをクリアできれば正直、Webデザイナーの就職活動で苦戦することはほとんど考えられません。

あるとすれば「みんなが使っているような」有名どころの総合求人サイトを使ってしまうことくらいでしょう。

 

え、それならどうすればいいの?

 

結論をいうと、IT就職に特化した求人サービス・エージェントを使えば無双できます。

 

ではどのIT就職に特化した求人サービス・エージェントを使えば確実に就職できるのでしょうか?

ご興味ある方は、次の章で紹介している「Webデザイナーへの最短ルート」をご覧ください。

 

「Webデザイナー未経験の就職が厳しい」と思う方が就職を成功させるための手段は?

  • IT就職に強い求人サービスを使って、未経験OKの仕事を勝ち取る

これがWebデザイナーになるのに最も成功率の高い方法です。

 

正直、納得いかない方もいるかと思います。

 

実務未経験で就職なんてハードル高すぎる…

そんな勇気ある訳ない…

即戦力にならない自分のことを採用してくれる訳ない…

 

ぼくがメンター支援をしている人にもこんなことを言われたことがあります。

でも全部ただの先入観なんです。

 

難しいことなんて何もありません。

実務未経験でも受け入れている会社は意外とあります。

 

しかも、教育体制もしっかりしています。そこら辺のスクールよりも安全かつ確実にスキルも習得できます。

さらに言うと、会社ですから、自然と実務経験も積めます

 

あなたがこの記事を読んでいる理由はなんですか?

Webデザイナーになりたいから』ですよね?

 

であれば遠回りする必要なんてありません。

みんながやっていないから…」なんて関係ないはずです。

あなた自身がどうするかが問題なんです。

 

では、具体的にはどのサイトを使って仕事を探せばいいのでしょうか?

結論をいうと、ウズキャリIT一択です。

  1. 未経験のIT求人がズバ抜けて多い
  2. エントリーや入社の強要は一切なし
  3. 職歴・学歴は一切不問
  4. 就業経験がない方でも内定率86%以上
  5. ブラック企業が完全排除で優良企業のみ紹介

 

こういった特徴の転職サービスです。

実際、未経験からWebデザイナー転職を希望するなら、ウズキャリIT以外に選択肢はないかと思いますよ。

 

ウズキャリITについて詳しくは下から確認できます。

※20代限定の求人サービスです。

 

MEMO

IT系特化の求人サービスなので、完全未経験のWebデザイナー求人が多数あり、就職成功率も9割近い実績があります。

 

まとめ

  • Webデザイナー未経験の就職は厳しいのかな…
  • やっぱり実績や実務経験がないと就職は無理なのかな…
  • どうしてもWebデザイナーとして就職したいけど、具体的にどうしたらいいのかな…

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

 

【この記事の要約】