【営業不要】Web制作で月30万を安定的に稼ぐ近道 >>

ポートフォリオおすすめレンタルサーバーと公開方法|無料/有料比較あり

本記事ではポートフォリオにおすすめのレンタルサーバー『ConoHa WING』をご紹介します。15分でできるConoHa WINGの導入手順をWordPress専門家である『現役Webエンジニア』の筆者がだれよりもわかりやすく解説していきます。(当然ですが、筆者もConoHaサーバーを利用しています。)

 

  • ポートフォリオを公開したい…
  • 公開方法がわからない…
  • サーバーは無料・有料どっちがいい?…
  • どのレンタルサーバーが1番安い?…
  • ドメイン名の付け方わからない…

 

こんなお悩みや疑問を全て解決していきます。

 

\ 処理速度が国内No.1初期費用無料のレンタルサーバー /
 ConoHa WING公式ページ >>

 

この記事の信頼性(ゆうけんブログの筆者はこんな人)

  • 現役Webエンジニアが執筆
  • 最高月収7桁のフリーランス
  • 完全未経験から独学でWeb制作スキルを習得
  • Twitterフォロワー数2,000人超(→@twinzvlog_yk
  • Web制作のメンター経験多数
  • 認定ランサー(ランサーズ最高ランク)

 

【徹底解説】ポートフォリオおすすめレンタルサーバーと公開方法|無料/有料比較

  • ポートフォリオを公開したい
  • 公開方法がわからない
  • サーバーは無料・有料どっちがいい?
  • どのレンタルサーバーが1番安い?
  • ドメイン名の付け方わからない

 

こんなお悩みや疑問を全て解決していきます。

 

ポートフォリオ用のレンタルサーバーは無料・有料どっちがいい?

結論:有料のレンタルサーバーがおすすめ

筆者の見解としては、無料のレンタルサーバーはおすすめできません。

理由は下記をご覧ください。

【無料レンタルサーバーを使う4つのデメリット】

  1. 無関係な広告がついてしまう
  2. 処理速度が制限されてしまう
  3. 独自ドメインが使用できない場合が多い
  4. サービスが終了して自動的に非公開になる可能性が高い

中でも『無関係な広告がついてしまう』はちょっとまずいかなと考えています。

クライアントや採用担当者に見せることが前提にあるポートフォリオ。無関係な広告がついていたり、ドメインが変な暗号の羅列だと印象が悪いですよね。

有料のレンタルサーバーを使用すれば上記デメリットは全て解消できるのでご安心ください。

 

ポートフォリオにおすすめのレンタルサーバーはどれ?

結論:ConoHaサーバー(ConoHa WING)

有料のレンタルサーバーはConoHa WINGの他にも無数にあるのでどのサーバーを契約するか迷ってしまいますよね。ただ、WordPressでポートフォリオを公開したい場合にはConoHa WING一択で問題ないです。

 

【ConoHa WINGを使う7つのメリット】

 

  1. WordPressかんたんセットアップ』でだれでも簡単にセットアップ完了
  2. 初期費用0円(他社だと3,000円)
  3. 月額880円の「WINGパック」なら独自ドメインが無料
  4. 国内No.1の超高速なサーバー処理速度
  5. WordPress簡単インストール
  6. 自動バックアップ
  7. 無料独自SSL

WordPressかんたんセットアップは体験してみるとわかりますが、ものすごく楽にWordPressのインストールが完了します。加えて、独自ドメインがセットで月額880円(税込み)!(これは筆者が知る中では最安です)しかも他社なら3000円程かかる初期費用が無料なんです。当ブログでも使っているレンタルサーバーです。

 

\ 処理速度が国内No.1初期費用無料のレンタルサーバー /
 ConoHa WING公式ページ >>

 

ConoHa WING以外のレンタルサーバーも見ておきたい方は、下の記事で主要なサーバー5つを徹底比較しているので参考にしてみてください。

必見!「ConoHa WING・mixhost・エックスサーバー」比較|副業ブログ

 

ポートフォリオには迷わずConoHaサーバー(ConoHa WING)を使ってみるといいですよ。

ふたご

 

【たった3ステップ】ConoHa WINGの導入手順と公開方法をわかりやすく徹底解説

「Wordpressかんたんセットアップ」を利用すればたったの15分でサーバーの設置とWordPressのインストールが完了します。当ブログや筆者のポートフォリオでも使っている『失敗しないレンタルサーバー』なのでご安心を。

 

「Wordpressかんたんセットアップ」の流れ

 

  1. ConoHaアカウントを新規登録
  2. WordPressかんたんセットアップ
  3. お客様情報画面で情報を入力しWordPressにログイン

 

上記のステップだけで簡単にサーバーのセットアップが完了できます。それでは一緒にやっていきましょう!

 

\ 処理速度が国内No.1初期費用無料のレンタルサーバー /
 ConoHa WING公式ページ >>

 

ConoHaアカウントを新規登録

 

申し込み手順

申し込み手順は下記の2つです。

  • ConoHaのアカウントを新規登録
  • ConoHa WING(サーバー)申し込み

 

まずは下のボタンから「ConoHa WING」に飛んでアカウントを新規登録していきましょう。

\ 処理速度が国内No.1初期費用無料のレンタルサーバー /
 ConoHa WING公式ページ >>

 

トップページが表示されると思いますので今すぐお申し込みをクリックしましょう。

 

下記のように申し込みページが表示されると思います。

 

・メールアドレス
・パスワード

 

上の2つを入力して「次へ」をクリックしましょう。

これでアカウントの新規登録は完了です。

それではConoHa WINGの申し込みに移っていきましょう。

 

下記のように契約プランを選択するページが表示されると思います。

下記5つを項目ごとに解説していきます

① 料金タイプ
「WINGパック」を選択

 

② 契約期間
契約期間が長ければ長いほど割引が大きくなるので各々の事情に合わせて選択しましょう。

 

③ プラン
個人用ホームページの場合には「ベーシック」で十分ですが、企業や店舗用のホームページの場合には「スタンダード」または「プレミアム」を選択しましょう。
※プランの変更は可能です。

 

④ 初期ドメイン
初期ドメインは無料独自ドメインとは異なるので適当な英数字で大丈夫です
※WordPressサイトには一切関係ないです。

 

⑤ サーバー名
そのままで大丈夫です。

ConoHa WINGの申し込みは以上で完了です。

続いて「Wordpressかんたんセットアップ」に移っていきましょう。

ふたご

\ 処理速度が国内No.1初期費用無料のレンタルサーバー /
 ConoHa WING公式ページ >>

 

WordPressかんたんセットアップ

WordPressかんたんセットアップが導入されたことで従来の手順と比較して1/5程度までセットアップ時間が短縮されました。

下記Wordpressかんたんセットアップの手順5つとなります。

 

① WordPressかんたんセットアップ選択
② 登録情報の入力
③ 電話/SMS認証
④ 決済情報の登録
⑤ 独自SSL設定

 

ではさっそくセットアップしていきましょう

ふたご

 

① WordPressかんたんセットアップ選択

契約プランを選択するページ内に存在する「WordPress」をクリックしアコーディオンを開きます。

下記のように表示されていれば大丈夫です。

 

下記6つを項目ごとに解説していきます

① WordPressかんたんセットアップ
「利用する」を選択しましょう。

 

② 作成サイト名
WordPressのサイト名を入力します。
後からWordPressダッシュボードで変更可能です。

 

③ 作成サイト用新規ドメイン
WordPressで利用する独自ドメイン名を入力します。
ポートフォリオのドメイン名はそこまで気にする必要はありません。自分の名前とかがわかりやすくていいかもしれません。(つまりなんでもOKです)ただ、あとで変更ができないのでご注意を。
トップレベルドメイン(.comや.jp)はなんでも大丈夫です。
特にこだわりがなければ「.com」を取得しておけば問題ないかと。

本来であれば年額5,000~10,000円程かかりますがConoHa WINGのWINGパックなら無料です!
※永久無料です。

 

④ WordPressユーザー名
WordPressへログインする際に必要なユーザー名です。
なんでも大丈夫です。

 

⑤ WordPressパスワード
WordPressへログインする際に必要なパスワードです。
なんでも大丈夫ですが、あまりに脆弱なパスワードは避けましょう。

 

⑥WordPressテーマ
選択したWordPressテーマを自動でインストールします。
いったん「Cocoon」を選択しておきましょう。

全ての項目の入力が完了したら「次へ」をクリックしましょう。

それでは「登録情報の入力」に移っていきましょう。

ふたご

② 登録情報の入力

個人情報の入力画面に移ると思います。

正しい情報を入力が完了したら「次へ」をクリックして電話/SMS認証に移りましょう。

ふたご

 

③ 電話/SMS認証

電話/SMS認証ページでは「登録国の電話にて電話認証」もしくは「SMS認証にて認証」していただきます。

 

① 電話認証の場合には入力した電話番号に着信が入るのでコードをプッシュキーで入力し認証
② SMS認証の場合にはSMSにて認証コードが送付されるので入力欄に入力し認証

 

今回はSMS認証にて認証していきます。

「SMS認証」をクリックすると下のようなポップアップが表示されるので届いた認証コードを入力して「送信」をクリックしましょう。

 

続いて決済情報の入力に移っていきましょう。

ふたご

④ 決済情報の登録

お支払い方法」ページが表示されていると思いますので下記の手順を行いましょう。

 

① 「クレジットカード」タブを選択
② 「クレジットカード」をクリック
③ クレジットカード情報を入力
④ 「お申し込み」をクリック
※デビットカードは登録できません。

 

 

以上で「Wordpressかんたんセットアップ」は完了です!
お申し込み」をクリックすると登録したメールアドレス宛てにメールが届くのでご確認ください。

ふたご

 

⑤ 独自SSL設定

独自SSLの設定については何もする必要はありません。

「Wordpressかんたんセットアップ」完了の数分〜数十分後に自動で設定されます。

 

 WordPressにログイン

 

「Wordpressかんたんセットアップ」完了の数分後にWordPressは自動でインストールされます。

 

「Wordpressかんたんセットアップ」お疲れ様でした!
それではさっそくWordPressにログインしましょう!

ふたご

 

WordPress管理画面URL

 

https://ドメイン名/wp-admin/

 

※ドメイン名の部分を設定した独自ドメインにしてください。

 

ユーザー名またはメールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう!

ちなみにドメイン名やログイン情報がわからない方は「Wordpressかんたんセットアップ」完了時に届いたメールを参照してみてください。

 

WordPressの管理画面にログインできたら上の画面が表示されます。

 

以上でConoHa WINGの導入手順が全て完了しました!

ふたご

 

【追記】

すでにポートフォリオ用にテーマを作成済みの方は下記の手順で公開できます。

左メニューの『外観→テーマ』を選択

  1. 『新規追加』を選択
  2. 『テーマのアップロード』を選択
  3. 『ファイルを選択』からテーマをアップロード
  4. 『今すぐインストール』を選択

以上でテーマのアップロードは完了です!

 

WordPressでのポートフォリオ作成がまだの方は下の記事を参考に作成してみてください。

 

(補足)WordPressで自作のテーマを作成したい方

無料!自作「WordPressテーマ」作り方|ポートフォリオに最適

 

(補足)WordPressで無料テーマを使ってポートフォリオサイトを作成したい方

無料!WordPress「自作ポートフォリオサイト」作り方|Webデザイナー監修

 

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。今回の記事では筆者の実経験をそのまま書かせていただきました。今回ご紹介したレンタルサーバー『ConoHa WING』は筆者が知るかぎり最高のサービスなので安心してご利用ください。

\ 処理速度が国内No.1初期費用無料のレンタルサーバー /
 ConoHa WING公式ページ >>