【現役Webデザイナーが本気で執筆】
ゼロから始めるWebデザイナーロードマップ >>
「今だけ無料公開中」

「Webプログラマーはきつい・やめとけ」の真実は?その理由と打開策を徹底追求

ゆうけん

  • 現役Webエンジニア兼デザイナー
  • 新卒ブラック企業&パワハラ上司で心を病む
    →1年半で退職
    →ホワイト企業に転職
    →1年半で退職
    →未経験からフリーランス
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • Webプログラマーはやめとけってよく聞くけど本当かな…
  • やっぱりWebプログラマーって仕事きついのかな…
  • Webエンジニアってどうやってなればいいのかな…

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

Webプログラマーはきつい・やめとけってよく聞きますが、実際のところどうなのでしょうか?

この記事を読んでいる方は、

  • Webプログラマーって激務のイメージしかない
  • Webプログラマーってキャリアアップできなそう
  • Webプログラマーになるためのスキル習得が難しそう

 

こんな風に思っていませんか?

結論からいうと、3つとも場合によります。

詳しくはこれから解説してきますので、是非読み進めてみてください。

 

ちなみに、プログラマーのお仕事は下のように明記されています。

具体的な仕事内容をまだ知らない方は目を通しておきましょう

【引用】

システム開発において、システムエンジニア(SE)が作成した詳細設計に基づきプログラムを作成する。プログラマーは詳細設計に基づきコーディングし、プログラムを作成する。

出典:厚生労働省 > 職業情報提供サイト > プログラマー

 

プログラマーになろうか迷っている方はこちらの記事もご覧ください。

未経験からプログラマーになったけど辞めたい..は危険です|現職が解説 エンジニアの本音。高卒でプログラマー就職は厳しいのか。徹底検証

 

「Webプログラマーはきつい・やめとけ」は本当?

  • 向き不向きが激しい職業です。

Webプログラマーってみんな激務のイメージだけど…

給料は高いのかな…

そもそもWebプログラマーって簡単になれるものなのかな…

そんなことを言われてしまいそうですが、それでも言わせてください。

 

Webプログラマーに向いている人にとってはこれ以上ない最高の職業です。

特徴としては、

  • プログラミングが好きな人
  • コードを永遠に書いていても苦でない人
  • 論理的に考えることが好きな人
  • クイズやなぞなぞ等が好きな人
  • 1人で黙々と作業するのが好きな人
  • 知的好奇心が強い人

 

こんな人にはWebプログラマーが向いています。

とは言え、実際にプログラミング学習を始めて、1ヶ月もすれば向き不向きはわかるので、まずは試してみるのが一番です。

 

例えば、プログラミングスクールでは無料体験会があり、そこではプログラミングの体験ができます。

もちろんパソコンは貸し出してくれます。

そこで少しでも楽しいと感じれば割と向いてると思います。

現役エンジニア執筆。Webエンジニアはやめとけと言われる6つの理由と解決策

 

ぼく自身、プログラミングスクールの体験会で「プログラミングって意外と楽しいかも。」と感じたのがきっかけで、プログラミングを5年以上続けています。

余談ですが、そのおかげで今では最高月収100万円を稼げています。

 

何が言いたいかというと、Webプログラマーは向いている人にとっては高収入を得られやすく、しかも「好きを仕事にできる」職業ということです。

 

さらに、ぼくは今フリーランスなので、好きな時に仕事ができています。

要は、フリーランスになれば時間の自由も手に入れられます。

 

ではなぜ「Webプログラマーやめとけ」と言われるのでしょうか?

その理由を5つご紹介いたします。

 

ちなみにこれから紹介する理由のほとんどは、あなたが選ぶ会社によって大きく変わります

Webプログラマー就職に失敗したくない人は、ぼくが実際に使って内定を獲得できた求人サイトのみをまとめたので、是非覗いてみてください。

学習前に見ておくと、仕事のイメージや必要なスキルが具体化されてゴールが明確化されるのでおすすめです。

【未経験OK】エンジニア・デザイナー向け「無料」求人サイト3選

 

「Webプログラマーはきつい・やめとけ」と言われる5つの理由

労働条件が過酷になりがち

1つ目が「労働条件が過酷になりがち」です。

Webプログラマーあるあるですね。

 

これは職場にもよりますが、割と労働条件は過酷になりがちです。

特に受託開発がメインの会社だと多めです。

 

プログラマーは基本的に1日中コードを書き続けるのが仕事です。

ブラックな受託開発会社に入ってしまうと、かなり厳しい納期が設定され、毎日朝から終電までコードを書かされることもあります。

場合によっては徹夜してまで作業を強いられます。

 

そうならないためにも就職先は慎重に選ぶようにしましょう。

さらに言うなら、就職・転職活動のやり方をミスらないように注意しましょう。

 

というのも、有名どころの総合求人サイトを安易に利用すると求人数は多いのですが有象無象の求人がひしめき合っています。

その中から条件の良い会社を選ぶのはかなり危ないやり方です。

 

であれば、初めから全く関係ない業種や、危ない会社が排除された求人サービスを使ったほうが成功率上がりそうだと思いませんか?

ということで、ぼくが実際に使って内定が出た「Webエンジニアが就職に成功する求人サイト」をまとめたので忘れる前に使っておきましょう。

【未経験OK】エンジニア・デザイナー向け「無料」求人サイト3選

 

納期に追われる

2つ目が「納期に追われる」です。

これは受託開発の会社に入るとどうしても避けられません。

 

ブラックな受託開発会社に入社すると、1人残らず疲弊することになります。

ぼくの友人にも一人、受託開発会社で働いている人がいますが、毎日終電か会社に泊まっていると聞きました。

 

全部の受託開発会社がそうではありませんが、他の業界と比べると圧倒的にブラックの比率が高いためお勧めできません。

どうしても受託開発会社でも揉まれたい方は「ブラック企業が完全排除された転職サービス」を使ってみてください。

◎おすすめポイント!

  • 完全無料第二新卒専門サービス
  • 内定率86%以上
  • 書類選考通過率87%
  • 転職後の定着率93%以上
  • 厳しい判定基準を設けてブラック企業完全排除
  • 全キャリアカウンセラーが元既卒第二新卒
  • 求人別にカスタマイズされた面接対策

 

ブラック企業除外安心の転職
無料で登録してみる >>

 

もし、受託開発の会社では働きたくないなら自社会社がメインの会社で働くことをお勧めします。

自社開発系の会社の方が圧倒的にホワイトな会社が多く給料も高い傾向にあります。

 

どんな仕事があるのか気になる方は実際に求人を見てみましょう!

【未経験OK】エンジニア・デザイナー向け「無料」求人サイト3選

 

常に新しい知識を学ぶ必要がある

3つ目が「常に新しい知識を学ぶ必要がある」です。

これに関してはWebプログラマーやエンジニアの宿命のようなものです。

 

Web系の仕事は日々新しい技術を吸収していかないと、今後のキャリアが完全に潰れることになります。

というのも、技術は廃れるものだからです。

 

だから今持っている技術がこの先もずっと使える保証なんてありません。

もちろん、長く残る技術はありますが、それも少しずつですが変化していきます。

 

だからWebプログラマーにとっては新しい知識を学び続けることが必須なのです。

でもこれができればあなたの市場価値はかなり上がり転職には間違いなく困らなくなります。

いずれ転職やフリーランスで成功したい方は学び続ける覚悟が必要ということですね。

 

独学でのスキル習得がかなり難しい

4つ目が「独学でのスキル習得がかなり難しい」です。

Webプログラマーに必須のプログラミングスキルですが、これがかなり習得が難しいのです。

要注意。プログラミングできない、もう辞めたい..は末期。|体験談

 

というのも、独学だとプログラミング学習者の約9割が挫折すると言われていて、非常に習得が困難なスキルなんです。

ではなぜ独学だと習得が難しいのでしょうか?

 

理由としては、

  1. 難しくて理解できなくても教えてくれる人がいない
  2. 一緒に頑張る仲間がいない
  3. 教材が粗悪な場合がある

 

これらの理由から独学だと挫折してしまう人が非常に多いのです。

とりわけ①の「教えてくれる人がいない」が最もきついです。

 

つまり、メンターやアドバイザーがいないことで、無数にあるエラーや躓きやすいポイントを解決できず、そのまま挫折してしまいやすいのです。

 

しかもメンターがいないと、何をどうすればいいのかが明確にならず、「結局何のためにやっているのか」がわからなくなりやすくもあります。

 

だからこそ、独学でのスキル習得は非常に難易度が高く、時間だけを無駄にしてしまう恐れが高いです。

ではどうするのがベストなのでしょうか?

 

簡単です。プログラミングスクールに通いましょう

スクールに通うとなると、確かにお金や時間を投資することになります。

 

厳しいことを言いますが、独学では超難易度高すぎるのでスクール行くしか選択肢がありません

確かに独学でも習得できる方は稀にいます。

でも約9割は挫折するとわかっていても独学を選びますか?

 

とはいえ、いきなり大金はたいてプログラミングスクールに通うなんてまず無理ですよね。

受講自体はお金が貯まってからになると思いますが、スクール担当者に事前に話だけは聞いておくようにしましょう

 

スクール担当者との軽い面談は当然無料ですし、オンラインも対応しています。

今後のキャリアに不安のある方はその点についても相談できるので、是非一度ざっくばらんに話してみましょう!

プロのカウンセラーに無料相談
CodeCamp
無料カウンセリングの申込む >>

 

向き不向きが激しい

5つ目が「向き不向きが激しい」です。

これが最も大きな理由かもしれません。

 

Webプログラマーは向いていない人にとっては地獄です。

永遠にコードを描き続ける仕事なので、それが嫌いだと絶望的にストレスがかかります。

 

嫌いなことを1日中、しかも毎日できますか?

相当精神的にきつくなるはずです。

 

向き不向きについてはまずプログラミングをやってみないことにはわかりません。

まずはYouTubeなどで無料学習してみて、少しでも楽しいと感じるかどうかが分かれ目かなと思います。

 

もし合ってそうであれば、次はスクールの担当者と今後のキャリアについて相談してみましょう。

プロのカウンセラーに無料相談
CodeCamp
無料カウンセリングの申込む >>

 

結論:「Webプログラマーはきつい・やめとけ」なんて他人の意見です。本気でなりたいならなればいい。

Webプログラマーはきつい・やめとけ」というのは他人の意見でしかありません。

実際に自分が経験していないことは自分に向いているのか判断できないはずです。

 

もしかしたらあなたに向いているかもしれませんし、向いてないかもしれません。

でももし向いているなら、Webプログラマーは割と高収入ですし、キャリアの幅も広めです。

 

ここまでで、少しでも興味が湧いてきた方は下で「Webプログラマーにほぼ確実になれる方法」をお伝えしますので、是非読み進めてみてください。

 

未経験がWebプログラマー就職を成功させるための確実な手段は?

  • 就職サポート付きの実績あるプログラミングスクールに通いましょう

下記2つはスクールを選ぶ上で必須条件となります。

  1. 就職サポート付き
  2. 実績多数

 

当たり前ですが、Webプログラマーになるためのコースが用意されていることも含みます。

ぼくが知る限り、最も定番かつおすすめできるスクールは一択です。

プロのカウンセラーに無料相談
CodeCamp
無料カウンセリングの申込む >>

 

実際にぼくの周りにもCodeCamp出身でWebプログラマーとして活躍する人が多くいます。

 

中にはフリーランスで月120万円稼ぐ強者もいらっしゃいます。

ぼく自身もフリーランスとして最高月収100万円を達成しています。

本音。もうWeb制作の副業は稼げない?【現役Webデザイナー解説】

 

Webプログラマーは実力次第で大きく稼ぐことも可能なお仕事です。

やるからには確実にスキルを習得して夢を叶えましょう!

 

Webプログラマー就職は厳しい。でもほぼ確実に成功させる方法はあります。

  • 実務未経験OKのWebプログラマー求人が多いサービスを使う

実際に就職・転職活動をする際には、あなたはまだ実務未経験だと思います。

なので、実務未経験でも受け入れてくれる会社を探す必要があります。

結論。「未経験からエンジニアはきつい・やめとけ」は嘘です。|現職が解説

 

そこで、ぼくが実際に使っていた求人サイトを紹介いたします。

しかも実際に内定をもらえたサイトのみに厳選してします。

 

失敗したくない方は事前にぼくがおすすめする求人サイトをバーっと見てみてください。

あなたの本当にやりたいこと、それに必要なスキル実績が明確になると思いますよ。

【未経験OK】エンジニア・デザイナー向け「無料」求人サイト3選

 

まとめ

  • Webプログラマーはやめとけってよく聞くけど本当かな…
  • やっぱりWebプログラマーって仕事きついのかな…
  • Webエンジニアってどうやってなればいいのかな…

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

 

【この記事の要約】