【現役Webデザイナーが本気で執筆】
ゼロから始めるWebデザイナーロードマップ >>
「今だけ無料公開中」

要注意。プログラミングできない、もう辞めたい..は末期。|体験談

ゆうけん

  • 現役Webエンジニア兼デザイナー
  • 新卒ブラック企業&パワハラ上司で心を病む
    →1年半で退職
    →ホワイト企業に転職
    →1年半で退職
    →未経験からフリーランス
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • 本気で頑張っているのに、全然プログラミングできない…
  • やっぱり自分にはプログラミングのセンスがないんだ…
  • こんなことならプログラミングなんて始めなければよかった…
  • もう辞めたい。でも、何か解決策があれば知りたい…

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

その気持ちよくわかります。

正直にいうと、ぼくにはプログラミングの才能もセンスもありませんでした。

 

実際、ぼくも数えきれないほど「プログラミングなんて自分には無理なんだ。もう限界。」と思って挫折しています。

 

でも今はフリーランスのWebエンジニアとして働けています。

 

つまり、先に結論をいうと

あなたもプログラミングを習得できます。絶対にです。

 

なぜなら、ぼくでもフリーランスWebエンジニアになれたからです。

まれに、Webエンジニアはやめとけ。なんて聞きますが、それはウソです。

 

  • 才能なし
  • センスなし
  • プログラミング経験なし
  • 学歴なし
  • 記憶力なし
  • 人脈なし
  • コミュ力は壊滅的
  • お金もない
  • 必死に努力しても全然結果が出ない

これがプログラミングを始めた当初のぼくです。

言ったら、ぼくは「本当に何もない」絵に描いたような凡人です。

 

そんなぼくでも、フリーランスWebエンジニアとして月収100万円を超えることができました。(やらしい話で恐縮です…)

 

つまり、あなたにだって絶対にプログラミングを習得できるんです。

自信を持ってください。

 

それでは次の章からじっくりとお話させていただきます。

 

ちなみに、プログラマーのお仕事は厚生労働省の職業情報提供サイトでは下のように明記されています。

具体的な仕事内容をまだ知らない方は目を通しておきましょう

【引用】

基本的にはSEの仕事は上流工程と、下流工程のうちのテストと納品後のアフターケアであり、プログラマーの仕事は下流工程でのコーディング作業である。場合によっては、プログラマーが基本設計や詳細設計、また、プログラムのテストを行う場合もあり、SEがコーディングを行う場合もあるが、コーディングをしてプログラムを作成するのがプログラマーの主な仕事といえる。

出典:厚生労働省 > 職業情報提供サイト > プログラマー

 

プログラミングできない辞めたいと思ったらどうしたらいい?

  • 結論:独学でのプログラミング習得は諦めた方がいいです。

 

「いや、いきなり諦めろって…」

「独学だとプログラミングは習得できないの…?」

「だったらどうすればいいのさ…」

そんな疑問や悩みが浮かぶと思いますが、安心してください。

 

ぼくが伝えたいのは、

「プログラミングできない辞めたい…」と思ってしまうのは、独学だと厳しいという現実です。

 

もちろん世の中には完全独学でプログラミングを習得する優秀な方もいるかもしれません。

でもそれはかなりの少数です。

 

まず独学でプログラミングを習得するには、必要な3つのポイントがあります。

  1. 現役エンジニアのメンターがいる
  2. 自分に適した正しい学習ロードマップを持っている
  3. 現場で使える技術を習得できる教材の選定ができている

 

ざっと見てみて、「自分はこの3つのポイントを押さえてる!」と自信を持って言えますか?

普通は無理だと思います。

 

これらを全て揃えるのは独学だと非常に難しいんです。

しかし、「メンター」「学習ロードマップ」「教材」の3つが揃わないと、独学でプログラミング習得はかなり険しい道のりになります。

 

武器を持たずに特攻するのと変わりません。

 

ではどうすればいいのか。

 

ぼくの結論をいうと、

超短期的にプログラミングスクールに通うことです。

 

「結局プログラミングスクールかよ…」と思う方もいるかもしれません。

 

でも、挫折するよりはよくないですか?

せっかく「なりたい自分になるために」プログラミング学習を決意して、必死に努力してきたんですよね。

 

だったら、

  1. 「メンター」
  2. 「学習ロードマップ」
  3. 「教材」

この3つが初めから揃っているプログラミングスクールに通うことが最善ということです。

 

とはいえ、正直、いきなりWebデザインスクールに通うなんて決断できないですよね。

 

ぼくもそんな大きな決断はいきなりできません。。

なので、まずはその一歩としてCodeCampに無料で相談だけでもしてみるといいですよ。

 

それとちょっとした朗報ですが、

今なら、無料カウンセリングの申込で10,000円割引が適用になります。

 

\プロのカウンセラーに無料相談
CodeCampの無料カウンセリングの申込む >>

 

と、長々とお話させていただきましたが、プログラミングスクールをおすすめする3つのポイントについては次の章から詳しく解説していきます。

 

プログラミングできない辞めたい..と思うなら、スクールに通うべき3つの理由

現役エンジニアのメンターによるマンツーマン指導

まずは「現役エンジニアのメンターによるマンツーマン指導」です。

これがなによりも重要なポイントです。

 

まず言わせてください。

プログラミング学習には優秀なメンターが不可欠です。

 

【メンターが必要な3つの理由】

  1. わからない点をすぐに質問できる
  2. 正しい情報を得られる
  3. 学習の悩みを相談できる

こういった理由からプログラミング学習にはメンターが不可欠なのです。

 

特に「わからない点をすぐに質問できる」は心強いし、なにより学習期間を3ヶ月近く省略できる。

 

それと、「プログラミングできない辞めたい」と思った時もすぐに相談できます。

 

メンターは現役エンジニアで同じ経験をしてきているので、あなたの気持ちが痛いほどわかります。

なので、学習関連の悩みは親身になって話を聞いてくれますよ。

 

ちなみに、現役エンジニアのメンターを自分で見つけるとなると非常に苦労します。

 

なにより、メンターを見つけたとしても、個人間のやりとりになると金銭面や人間関係でのトラブルがつきものです。

それではプログラミングに集中できなくなり、本末転倒です。

 

なので、メンターが必要ならスクールに通うのが最良の選択です。

ちなみに、プログラミングスクール大手のCodeCampなら、メンターが全員「選抜された現役バリバリのエンジニア」です。

 

「え、それって普通じゃないの?」と思うかもしれません。

しかし、メンター全員が現役エンジニアというのは”むしろ稀”です。

 

MEMO

スクールによってはインターンの学生がメンターの場合もあるし、ひどい場合だと現場経験のない自称エンジニアがメンターをしているスクールもあります。

 

ぼくはTwitterで100人近くの駆け出しエンジニアの相談に乗ってきましたが、せっかく覚悟してスクールに高額な自己投資をしたのに「結果としてスキルが身につかなかった」という方を何人も見てきました。

 

もちろん、そんな失敗は嫌ですよね。

なので確実に失敗しないプログラミングスクールであるCodeCampがおすすめです。

 

  1. 分割支払いを利用することで、受講料は毎月6,000円弱会社員でも無理なく払える
  2. 最短2ヶ月で実務レベルのプログラミングスキルを習得
  3. 完全オンラインで受講可能(メンター対応時間:7時〜23時40分
  4. 講師は全員が現役エンジニア

CodeCampにはこういった特徴があります。

 

とはいえ、「経済的な余裕なんてないし、もう少し安くならないのかな?」と感じる方もいますよね。

 

そういった方に朗報ですが、

今なら、無料カウンセリングの申込で10,000円割引が適用になります。

 

「いきなりスクール受講なんてハードル高いよ…」と思う方は無料相談だけでも受けてみるといいですよ。

 

\プロのカウンセラーに無料相談
CodeCampの無料カウンセリングの申込む >>

 

自分に適した正しい学習ロードマップを教えてくれる

次に「自分に適した正しい学習ロードマップを教えてくれる」です。

 

まず断言しますが、

自分に適した学習ロードマップを自分自身で見つけるのは難しいです。

正直、不可能と言っても過言ではないかもしれません。

 

【学習ロードマップを見つけられない3つの理由】

  1. ネット上には嘘の情報が溢れすぎている
  2. どの情報が正しいのか初心者には判断できない
  3. 高確率でカモにされる

こういった理由から、学習ロードマップを自分で選定することはおすすめできません。

 

プログラミング学習では半年間も必死に努力してきたけど、全部無意味な学習だった…なんてこともザラにあります。

 

例えば、

「月収100万円稼げるWebエンジニアロードマップ」

「本当に稼げる。プログラミングのオンラインサロン」

このようなタイトルの情報では高確率でプログラミングを習得できません。

 

こういった売り文句やインフルエンサーの煽りで2年近くもプログラミングを学習している方も知っています。

 

嫌ですよね、そんなの。

プログラミング学習に裏ワザなんてありません。

 

正しい学習ロードマップで地道にコツコツが正解なんです。

 

断言しますが、CodeCampが提供してくれる学習ロードマップに沿って学習を進めれば、最短2ヶ月でWebエンジニアとして必要なプログラミングスキルを習得できます。

 

才能やセンスがなくても関係ありません。

正しい学習ロードマップを知っていれば、誰でもプログラミングは習得できます。

 

信じられない方はCodeCampの無料相談で聞いてみてください。

 

大丈夫です。

あなたは確実にプログラミングを習得して、Webエンジニアになれますよ。

 

\プロのカウンセラーに無料相談
CodeCampの無料カウンセリングの申込む >>

 

現場で使える技術を習得できる教材で学習できる

3つ目は「現場で使える技術を習得できる教材で学習できる」です。

つまり、教材の質は重要だよね。というお話です。

 

実際に、ネット上には粗悪な有料教材がゴロゴロと平然と転がっています。

しかも残念なことに、駆け出しエンジニアの方はそういった粗悪な教材を選択してしまう確率が高いです。

 

なぜなら、粗悪な教材ほど表面上だけは魅力的に作られているから。

 

例えばこういったタイトルの教材があったら気になりませんか?

【30名限定で30,000円→9,980円】月収300万円の筆者が作成。Web制作で月収30万円稼ぐためのプログラミング完全攻略講義!

 

残念ながら、こういったキャッチーなタイトルと表面的なセールスコピーによって粗悪な有料記事を購入してしまう方は数多くいます。

しかも、それをインフルエンサーがやるから更にタチが悪い。

 

もちろん、本当に質の高い教材も存在します。

しかし、それはかなり稀です。

 

なので、基本的にはネットの商材には手をつけず、初めからプログラミングスクールに通うことが最もコスパが高いんです。

 

何度も言いますが、CodeCampの教材は優秀な現役エンジニアが作成した本物の学習教材なので質はたしかです。

 

失敗したくない方は迷わずプログラミングスクールという道を選択してみるといいですよ。

 

\プロのカウンセラーに無料相談
CodeCampの無料カウンセリングの申込む >>

 

結論:「プログラミングできない辞めたい」と思うなら、スクールに通うのが近道。

もう一度いいますね。

「プログラミングできない辞めたい」と思うなら、スクールに通うのが1番の近道です。

 

これは嘘でも冗談でもなんでもなく、100人近くの駆け出しエンジニアを見てきたぼくが知っている事実です。

 

とはいえ、いきなりスクールに通うことを決断するなんて無理ですよね。

ぼくだって当時は無料相談に参加しつつ、散々悩みました。

 

でも結局は「信頼できる情報」「レベルの高い講師」に賭けました。

なぜなら、失敗したくなかったから。

 

当時のぼくは、失敗したくなかったから、プログラミングスクールに通うことを決めたんです。

そして、いま思えばそれは正解でした。

 

実際に今はフリーランスのWebエンジニアとしてのんびりと生活できていますし、当時の選択には感謝しているくらいです。

 

「プログラミングできない辞めたい」と思うなら、一旦立ち止まって考えてみてください。

  1. 辞めるのが正解なのか。
  2. それともスクールに通い再起するのが将来の自分のために正解なのか。

 

ぼくは後者を選びました。

現役のWebエンジニアとして、あなたのことを応援しています。

 

\プロのカウンセラーに無料相談
CodeCampの無料カウンセリングの申込む >>

 

まとめ

  • 本気で頑張っているのに、全然プログラミングできない…
  • やっぱり自分にはプログラミングのセンスがないんだ…
  • こんなことならプログラミングなんて始めなければよかった…
  • もう辞めたい。でも、何か解決策があれば知りたい…

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

 

模写コーディングが難しくて悩んでいる方は下の記事をご覧ください。

>> エンジニア監修。模写コーディングが難しいと感じる時の対処法を解説。

 

【この記事の要約】