【現役Webデザイナーが本気で執筆】
ゼロから始めるWebデザイナーロードマップ >>
「今だけ無料公開中」

エンジニア監修。「模写コーディングが難しい・できない」はこれで解決。

ゆうけん

  • 現役Webエンジニア兼デザイナー
  • 新卒ブラック企業&パワハラ上司で心を病む
    →1年半で退職
    →ホワイト企業に転職
    →1年半で退職
    →未経験からフリーランス
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • 模写コーディングがどうしてもうまくいかない…
  • レイアウトがどうしても崩れてしまう…
  • 難しすぎて挫折しそう…
  • でもどうしてもWeb制作で稼ぎたい…

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

模写コーディングって難しいですよね。

ぼくも何度もつまずいた経験があります。

 

  • 指定したスタイルが効かない
  • HTMLの構造が上手く作れない
  • あっちをいじるとこっちが崩れる状態
  • レスポンシブ対応が全然上手くいかない
  • 模写通りのデザインにならない
  • ヘッダーを模写するだけでも1日かかってしまう
  • 「自分だけができないんだ…」と思ってしまう

模写コーディングにはこういった悩みがつきものですよね。

 

しかも、せっかく今まで基礎を学習してきて、「そろそろ模写コーディングもできるはず…!」と思って始めた矢先。

突如として立ちはだかるのが「全く模写できない」という大きな壁

 

やっぱり頭がよくないとWeb制作はできないのかな…なんて思ってしまうことも度々。

 

今のお気持ちすごくわかります。。

ほんと、嫌になるのも無理ありません。

 

ぼくも模写コーディングは苦手で全然進みませんでした。

たぶん、2回くらいは挫折しています。

 

つまり、模写コーディングって難しいんです。

 

なので、ひとりで悩まず、一旦この記事を最後まで読んでみてください。

きっとあなたの悩みは解決できるはずです。

 

MEMO

模写コーディングとは

模写コーディングとは、「既存のサイトの見た目を真似てコーディングすること」です。
すでに世の中にあるサイトをコーディングできるので、実務に近いレベルでコーディングができます。実際に手を動かしながら勉強することができ、アウトプットにはもってこいの勉強方法です。

出典:ARCHETYP > 模写コーディングでスキルアップしよう!

 

プロが解説。模写がコーディングが難しいと感じる時の対処法。

  • 結論:そのままだと挫折してしまうので、プログラミングスクールに通って短期集中で習得するのが近道です。

 

「せっかく今まで独学で基礎を学習してきたのに、いまさらスクール…?」

「スクールって高いんじゃないの…?」

「スクールに通ったって自分には無理…」

そんな疑問や悩みが浮かぶと思いますが、安心してください。

 

ぼくがお話している「プログラミングスクール」は月額30万円とかの高額なスクールではありません

プランと支払い方法によっては月額5,000円前後でも受講できるくらいです。

 

もっというと、これまで独学で基礎を固めてきたあなただからこそ、短期間のスクール受講(2ヶ月ほど)で安くコーディングスキルを習得できます。

 

MEMO

特に学歴や資格は必要とされないが、デザインの基礎知識・技術は必要となる。また、コンピュータの知識は必須であり、大学、短大、専門学校などで知識を身につければ有利である。

出典:厚生労働省 > 職業情報提供サイト > Webデザイナー

このように厚生労働省もスクールに通う重要性を明記しています。

 

それと、「スクールに通っても自分には無理…」と思っている方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

今できないのは学習をサポートしてくれるメンターがいないことが1番の原因です。

 

決してあなたに才能がないわけでも、飲み込みが遅いわけでもありません。

 

詳しくは次の章からお話しさせていただきます。

 

 

模写がコーディングが難しいならスクールに通うのが近道な3つの理由

【スキル不足】模写コーディングが難しく感じるのはスキルが足りない証拠

模写がコーディングが難しいならスクールに通うのが近道な1つ目の理由は「スキル不足」です。

 

模写コーディングのスキル不足には

  • インプットが足りない
  • 模写コーディングの経験が足りない
  • 学習の仕方が間違っている

こういった原因があります。

 

インプットが足りないなら補えばいい。

経験が足りないなら経験を増やせばいい。

 

でも、学習の仕方が間違っている場合は自分でどうにかするのは非常に大変です。

なぜなら、自分の学習方法のどこが間違っているのかを判断するための知識がないから。

 

そして残念ながら、模写コーディングができない1番の要因は「学習の仕方が間違っているです。

 

つまり、独学だと太刀打ちできない可能性が高いです。

頭の良い方でも、完璧に模写コーディングを習得するまでに最低でも3ヶ月くらいはかかってしまうと思います。

 

ではどうすればいいのか。と思いますよね。

 

1番の近道は、短期集中で現役エンジニアがマンツーマンで教えてくれるプログラミングスクールを受講することです。

センスや才能がなくても、最短2ヶ月で模写コーディングを完璧に習得できます。

 

もっというと、今のあなたのレベルなら、2ヶ月もあれば副業や転職で必要な全てのWeb制作スキルを習得することも現実的に可能です。

 

ちなみにぼくがTwitterでアドバイスをしている初学者の中でも、特にスキルの習得が早い方はCodeCampというプログラミングスクールに通っている方が多いです。

 

CodeCamp

  1. 分割支払いを利用することで、受講料は毎月6,000円弱
  2. 最短2ヶ月で実務レベルのWeb制作スキルを習得
  3. 完全オンラインで受講可能
  4. 講師は全員が現役エンジニア

こういった4つの特徴があります。

 

他スクールと比較しても、講師レベルは格段に高く価格もお手頃です。

 

とはいえ、「経済的な余裕なんてないし、もう少し安くならないのかな?」と感じる方もいますよね。

 

そういった方に朗報ですが、

今なら、無料カウンセリングの申込で10,000円割引が適用になります。

 

プロのカウンセラーに無料相談
CodeCampの無料カウンセリングの申込む >>

 

【メンターの必要性】「わからないところがわからない」は自分では解決できない

2つ目の理由はわからないところがわからない問題です。

 

独学だとあるあるですが、ひとりで黙々と学習をしていると「わからないところがわからない」という闇に落ちていきます。

 

模写コーディングをやっていると、

  • 正しいはずなのに、なんでレイアウトが崩れるの?
  • CSSでスタイルを指定してるのに正しく表示されない。
  • そもそも自分が模写しているサイトは正しいのかわからない。
  • sectionタグとかdivタグとかpタグとかulタグとか訳わからない。
  • 中央配置ってposition?margin:auto?text-align:center?float?どれ使えばいいの?
  • そもそもmarginとpaddingの違いってなに?

こんな疑問や悩みでいっぱいになりますよね。

しかし、Googleで調べても「ちんぷんかんぷん」でなかなか理解できない。

 

結果的に「わからないところが多すぎて、何がわからないのかわからない」というドツボにはまります。

こうなってしまったら、自分だけでどうにかするのは難しいです。

 

じゃあどうすればいいのか。

結論をいうと、短期的でいいので、現役エンジニアのメンターにマンツーマンで教えてもらうこと。

 

それにはスクールに通うしかありません。

 

なにより、Twitterで100人近くの駆け出しエンジニアを見てきましたが、これが確実に1番の近道です。

 

自分ひとりで全てを解決できるならいいんです。

でもそれには限界があります。

 

そしてWeb制作はそんなに甘くないです。

 

実際、ぼくも初めの2ヶ月はプログラミングスクールに通っていました。

そのおかげで、すんなりとWeb制作で案件を受注できるまでになったので、本音で話しています。

 

模写コーディングでつまずいて、「もうWeb制作は諦めようかな…」と悩んでいるなら、短期間でもいいのでスクールに通ってみてください。

その選択であなたの人生が変わることだってあります。

 

実際にぼくも5年前にプログラミングスクールに通っていたおかげで、”今”があります。

今はフリーランスとして自由に生活できています。

 

後悔のない判断をしてみてください。

 

ちなみに、先ほども紹介したCodeCamp無料カウンセリングの申込で「10,000円割引」になるので、話だけでも聞いてみるといいですよ。

 

無料カウンセリングでは割と技術的な相談とかも聞いてくれたりするので、色々と気になることを質問してみてください。

 

プロのカウンセラーに無料相談
CodeCampの無料カウンセリングの申込む >>

 

結論:模写コーディングが難しいなら、スクールに通うことが失敗しない近道。

もう一度いいます。

模写コーディングでつまずいて、「もうWeb制作は諦めようかな…」と悩んでいるなら、短期間でもいいのでスクールに通ってみてください。

 

いや、通うかどうかは置いといても、カウンセリングくらいは受けてみてください。

それがあなたの人生を変える選択になるかもしれません。

 

その一歩が来年の今頃にWeb制作で月収100万円を稼ぐ未来を作るかもしれません。

実際、ぼくがそうだったので、ちょっとだけ勇気を出して進んでみませんか?

 

プログラミングスクールって怪しいイメージがあったり、「結局稼げるようにならない」ような批判がありますが、それは間違いです。

スクールは学習する場。稼ぐために必要なWeb制作スキルは十分に身につきます。

 

最後にもう一度。

模写コーディングが難しいと感じるなら、スクールに通うことが失敗しない近道ですよ。

 

プロのカウンセラーに無料相談
CodeCampの無料カウンセリングの申込む >>

 

まとめ

  • 模写コーディングがどうしてもうまくいかない…
  • レイアウトがどうしても崩れてしまう…
  • 難しすぎて挫折しそう…
  • でもどうしてもWeb制作で稼ぎたい…

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

 

Webデザイナーも視野に入れている方は下の記事も併せてご覧ください。

 

 

絵が下手でもWebデザイナーになれるのかな?と不安な方

>> 現役フリーランス解説。絵が下手でもWebデザイナーになるための打開策

 

頭良くないけどWebデザイナーになれるのかな?と悩んでいる方

>> 「頭が悪いとWebデザイナーになれない」は嘘?その理由と解決策

 

在宅でWebデザイナーとして働くのも興味あるかもと考えている方

>> 騙されるな。在宅Webデザイナーは難しいと言われる理由と解決策を現職が解説。

 

Web制作で稼ぐことを考えている方

>> 断言。「Web制作の副業が稼げない」は嘘です。稼げない人の特徴は?

 

 

【この記事の要約】