Web系の転職・副業が3倍「楽」になる!
「無料」求人サイト4選 >>

20名を調査!大学生がプログラミングで稼げない理由3つ【現役エンジニア解説】

ゆうけん

  • 現役Webエンジニア兼デザイナー
  • プログラミングで最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • 大学生だとプログラミングで稼げないのかな…
  • やっぱりスキルや実績が乏しいと無理なのかな…
  • 本気でプログラミングで稼ぎたいけど、どうしたらいいのかな…

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

この記事をご覧になっている方の中で、

大学生だとプログラミングで稼げないのかな..

と思っている方もいらっしゃると思います。

 

でも実際にはどうなのでしょうか。

例えばこんな風に思っていませんか?

  • 企業は大学生に仕事を任せてくれない。
  • 大学生だと専業の人と比べて時間がない。
  • 大学生だと単価が低くされる。

 

これらは実際のところどうなのでしょうか。

それをこれから理由を含めてお伝えしていきます。

 

少し話が逸れますが、プログラミングスキルを生かした代表的なお仕事3つを下に貼っておきます。

具体的な仕事内容をまだ知らない方は目を通しておきましょう

【Webデザイナー】

企業、学校、官公庁などがインターネット上に設けたWeb(ウェブ)サイトの企画・デザイン・制作を行う。Webクリエイターとも呼ばれる。小さなサイトの場合は一人ですべてをこなすこともあるが、企業などが作成する数百ページにも及ぶサイトの場合などは、ページのデザイン、画像の作成、サイト制作の進行管理など、分業して制作を行う。

出典:厚生労働省>職業情報提供サイト>Webデザイナー

 

【プログラマー】

システム開発において、システムエンジニア(SE)が作成した詳細設計に基づきプログラムを作成する。プログラマーは詳細設計に基づきコーディングし、プログラムを作成する。コーディングをしてプログラムを作成するのがプログラマーの主な仕事といえる。

出典:厚生労働省 > 職業情報提供サイト > プログラマー

 

【ソフトウェア開発エンジニア(スマホアプリ)】

スマートフォンで利用するアプリを開発する。スマホ利用者のニーズやシーズ、アプリのトレンド等を考え、アプリの企画を検討する。企画内容を決めるにあたっては、競合するものや類似のアプリ等がないか調査も行う。顧客からアプリ開発を受託し、その企画を検討する場合もある。いずれの場合も、企画から要件定義を行い、画面や機能を設計し、アプリを制作する。

出典:厚生労働省 > 職業情報提供サイト > ソフトウェア開発(スマホアプリ)

 

「大学生がプログラミングで稼げない」は本当?

  • スキルと稼ぎ方を知っていれば大学生でも稼げます。

でも企業が大学生に仕事を任せるとは思えない…

そもそも大学生が習得できるスキルレベルで仕事がもらえるのかな…

そんなことを言われてしまいそうですが、それでも言わせてください。

 

事実として、大学生だからといってプログラミングで稼げない理由はほぼありません

それは「プログラミングで稼ぐ」という領域では実力が全てだからです。

 

だから学歴や年齢、性別も含めて何も問題視されないのです。

特に案件ベースで稼ぐフリーランスという働き方では、学生だろうが社会人だろうが関係ありません

 

実際にぼく自身もWeb制作で最高月収100万円を稼いでいますが、クライアントから学歴や年齢を聞かれることすらほぼありません。

現役エンジニア執筆。Webエンジニアはやめとけと言われる6つの理由と解決策

 

今、Web制作を例に出しましたが、他にもバックエンドやフロントエンドをゴリゴリで身につければアプリ開発などの案件も取ることができます。

さらに、プログラミングスキルを身につければ就職先も引く手あまたとなります。

現実を話す。未経験からWebデザイナー就職が厳しい3つの理由

 

とはいえ、ぼく自身は大学生のころにWeb制作で月10万円を稼いでいた経験があるので、この記事を読んでいる方にはWeb制作をオススメします。

というのも、Web制作で必要なスキルは他のプログラミングスキルと比べて習得が容易だからですね。

 

では何故「大学生がプログラミングで稼げない」という風潮が広がっているのでしょうか?

筆者がメンター支援をしている大学生20名にヒアリングをしてわかった、「大学生がプログラミングで稼げない」と言われる3つの理由をお伝えいたします。

 

大学生20名を調査!大学生がプログラミングで稼げない理由3つ

目標設定が曖昧なまま学習を開始している

プログラミングで稼げない大学生の最も大きな要因が「目標設定が曖昧なまま学習を開始している」です。

明確な目標設定ができていないことで、挫折してしまうケースが多いのです。

 

  • どれくらい稼ぎたいのか
  • プログラミングでどんな稼ぎ方がしたいのか
  • どんな仕事内容を希望するのか
  • どんなスキルが必要なのか
  • 実務経験は必要なのか

 

他にもありますが、どうでしょうか?

頭の中で明確にイメージできていますか?

 

まだイメージできていないのであれば学習前に実際の仕事を見ておきましょう

ちなみに、ぼくがメンター受講生におすすめしているWeb制作に強い案件獲得サービスクラウドテック一択です。

 

クラウドテックについて詳しくは下から確認できます。

 

独学でスキル習得を目指している

まず大前提ですが、プログラミングは独学で習得するのが非常に難しいスキルとなります。

実際に独学のみで習得しようとする人の約9割が挫折すると言われています。

 

というのも独学だと、

  1. 難しくて理解できなくても教えてくれる人がいない
  2. 一緒に頑張る仲間がいない
  3. 教材が粗悪な場合がある

 

大きな理由としてこの3つがハードルとなります。

特に精神的なハードルが高く、数ヶ月間もたった1人で学習するのは苦行です。

頭が悪いぼくがWebデザイナーになれた3つの秘訣|フリーランスが解説

 

とはいえ、独学でのスキル習得が不可能というわけではありません

しっかりと目標設定をし、そこから逆算してスキルを身につけていけば、相当粗悪な教材を使わなければ失敗しません。

 

ぼく自身、独学でスキルを習得したので、もし興味ある方は下の記事から「ぼくが実際に使ったUdemy講座」を使ってみてください。

Webデザイナー厳選。Udemy『Webデザイン』おすすめ講座7選|独学でWeb制作

※各講座がスクール並みのボリュームですが、セール時に購入すれば2,000円以下で手に入ります。

 

プログラミングでの稼ぎ方がわからない

大学生がプログラミングで稼げないと言われる理由の2つ目は「稼ぎ方がわからない」です。

早速ですが、大学生がプログラミングで稼ぐ方法は大きく分けて2パターンあります。

 

  1. 企業で働く
  2. Web制作で稼ぐ

この2つです。

 

まず①の「企業で働く」ですが、これは相当な技術が必要となります。

ここまで大学生でもプログラミングで稼げると話してきましたが、「企業で働く」となると一気にハードルが上がります

 

ここで言う「企業で働く」とはインターンではなく、契約社員(フリーランス)として働くというものになります。

上手くいけば月収50〜80万円ほども狙えます。

 

でもこれには圧倒的なスキルと経験、実績が必須となります。

だから通常の大学生には現実的にハードルが非常に高い選択肢となります。

【あなたは悪くない】未経験エンジニアが辞めたいと思う5つの真実

 

そして②の「Web制作で稼ぐ」ですが、これは一気にハードルが下がります

この記事で一貫してお伝えしている「大学生がプログラミングで稼ぐ方法」がこのWeb制作となります。

 

メリットとしては、

  • 要求されるスキルレベルが高くない
  • 空き時間にこなせる
  • 月収30~50万円も狙える

 

この3つが挙げられます。

大学生でも普通に稼げます

 

ちなみに、ぼくがメンター支援をしている大学生20名におすすめしているWeb制作に強い案件獲得サービスクラウドテック一択です。

 

「大学生がプログラミングで稼げない」と感じる人が稼ぐためのたった1つの手段

結論:ゴールを設定して確実にスキルを習得し、実務未経験OKの案件サイトで月20万円稼ごう

繰り返しになりますが、プログラミングで稼ぐのに最も重要なことは「明確な目標設定」です。

 

あなたの目標設定が明確であればあるほど、達成する可能性が飛躍的に上がります。

これは総計100名以上のメンター支援をしていても明らかでした。

 

目標設定が曖昧で、漠然としたイメージで「プログラミングで稼ぎたい。」と考えている人はほぼ上手くいきません。

というのも、『目標が曖昧=ゴールが曖昧』だからです。

 

ゴールがどこにあるのかわからないのに走り続けていても一生ゴールには辿りつきません。

これと同じで、プログラミングで稼ぎたいなら、漠然としたイメージではなく、より明確な目標を設定することが必須なのです。

 

そのためにはまず、自分がどんな仕事をこなしていくのかを確認することから始めましょう。

 

つまり、実際の仕事を把握して、目標を明確にすることがプログラミングで稼ぐことへの第一歩です。

 

例えば、

  1. Web制作で月20万円稼ぐ
  2. コーディングで月10万円稼ぐ

このような目標設定をしたとします。

 

①であれば習得すべきスキルの代表例は下記です。

  • WordPress構築(初歩的なPHP含む)
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • jQuery

 

②であれば習得すべきスキルの代表例は下記です。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • jQuery

 

要するに、何を使って稼ぐかで習得するスキルが大きく変わってくるのです。

 

加えて、「それらの案件をこなしたら金額としていくらもらえるのか」も確認しておく必要があります。

でないと、いくつ案件をこなしたら月に稼ぎたい目標額になるのかが把握できないからです。

 

つまり、実際の案件を見ておかないと、必要なスキルも案件ごとの単価も、仕事内容も何も把握しないまま学習だけ進めていくことになります。

これではいつになっても稼げるようにはなりませんよね?

 

だからまずは目標を明確にさせるために実際の案件を確認しておくことが必須なのです。

 

では、具体的にはどこで案件を探せばいいのでしょうか?

結論をいうと、(繰り返しになりますが)それはクラウドテックです。

  1. クラウドソーシング企業大手のクラウドワークスが運営する求人サイト
  2. 実務未経験者OK
  3. フリーランスや副業案件がケタ違いに多い
  4. Web制作・コーディングの高単価案件が多い
  5. 最短3日で案件獲得できる

 

こういった特徴の案件サイトです。

実際、実務未経験からプログラミングで稼ぎたいなら、クラウドテック以外に選択肢はないかと思います。

 

クラウドテックについて詳しくは下から確認できます。

 

まとめ

  • 大学生だとプログラミングで稼げないのかな…
  • やっぱりスキルや実績が乏しいと無理なのかな…
  • 本気でプログラミングで稼ぎたいけど、どうしたらいいのかな…

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

 

【この記事の要約】